鳥飼家住宅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥飼家住宅
主屋
主屋
所在地 鳥取県倉吉市関金町関金宿
位置 北緯35度21分39.8秒
東経133度45分36.7秒
類型 庄屋家屋
形式・構造 (主屋)木造、寄棟に近い入母屋造茅葺
建築年 江戸時代中期
文化財 鳥取県指定保護文化財、県民の建物100選
テンプレートを表示

鳥飼家住宅(とりかいけじゅうたく)は、鳥取県倉吉市関金町関金宿にある歴史的建造物。

概要[編集]

江戸時代庄屋を勤めていた鳥飼家の屋敷として建てられた旧家。

建築は江戸時代中期と考えられており、平成3年の解体調査の際に関金町(現・倉吉市)大鳥居から現在の地に移築され、同時に江戸時代中期の姿に復元された。 現在保存されているのは主屋のみであるが、建築当時は米蔵などの複数の付属屋があり、庄屋宅を構成していた。

1974年(昭和49年)3月29日に鳥取県の保護文化財に指定され、1996年(平成8年)には鳥取県の県民の建物100選に選定された。

交通アクセス[編集]

所在地:鳥取県倉吉市関金町関金宿

外部リンク[編集]