鳥居清忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鳥居 清忠(とりい きよただ、 生没年不詳)とは、江戸時代中期に活躍した鳥居派浮世絵師

来歴[編集]

鳥居清信の門下とされる。活躍時期は享保1716年-1736年)から寛延1748年1751年)にかけてであった。漆絵の美人画、役者絵の他、肉筆浮世絵を描いている。代表作として大判の浮絵「吉原大門之図」があげられる。

作品[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]