鱗鉄鉱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鱗鉄鉱
鱗鉄鉱
分類 水酸化鉱物
化学式 FeOOH
結晶系 斜方晶系
モース硬度 5
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

鱗鉄鉱(りんてっこう、lepidocrocite、レピドクロサイト)は鉱物水酸化鉱物)の一種。針鉄鉱とともに、いわゆる「褐鉄鉱」をなす。 石英属の鉱物の内部にインクルージョンとして混入する物質の一種。赤色をしているものが多いが、品質の悪いものは黒色もある。水晶の中に、針状・毛髪状・繊維状・粉状の内包物となって出現することが多い。単体での存在はない。水晶の中に、赤色の鱗鉄鉱と赤色の針鉄鉱が混入したものをストロベリークォーツと呼び、宝飾品アクセサリーとして用いられている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]