鮫島員規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鮫島 員規
Kazunori Samejima 01.jpg
生誕 1845年6月14日
Japanese Crest maru ni jyuji.svg 薩摩藩
死没 1910年10月14日(満65歳没)
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1871 - 1907
最終階級 OF-8 - Kaigun Taisho.gif 海軍大将
テンプレートを表示

鮫島 員規(さめしま かずのり、弘化2年5月10日1845年6月14日) - 明治43年(1910年10月14日)は、日本海軍軍人階級海軍大将位階正二位勲等勲一等功級功二級爵位男爵

経歴[編集]

薩摩藩士、鮫島新左衛門の長男として鹿児島で生まれる。戊辰戦争に従軍し、明治4年(1871年)、海軍に入り少尉補任官、「龍驤」乗組。佐賀の乱西南戦争に従軍。その後、参謀本部海軍部第2局長、装甲艦「金剛」艦長、装甲艦「扶桑」艦長を歴任。明治24年(1891年)、フランスに発注した軍艦「松島」の回航委員長、初代艦長となる。

さらに横須賀鎮守府参謀長、常備艦隊参謀長、海軍大学校長、横須賀鎮守府長官、常備艦隊司令長官などを歴任。日清戦争時には常備艦隊兼連合艦隊参謀長として黄海海戦に参加、日露戦争では佐世保鎮守府司令長官をつとめた。

明治38年(1905年)、海軍大将に進級。明治40年(1907年)2月14日、予備役に編入され[1]、同年に男爵となった。

養嗣子鮫島具重岩倉具視の孫で、太平洋戦争時はブーゲンビル島に駐留した海軍中将。娘は竹下勇海軍大将と結婚した。

人物[編集]

「寛厚の長者」と評され、部下に全てを任せる人物であった。日清戦争を目前に連合艦隊を編制した際、伊東祐亨司令長官と坪井航三第1遊撃隊司令官は、持論の単縦陣をはじめ、戦術や運用に関して壮絶な口論を繰り返していたが、参謀長である鮫島は仲裁や妥協案の提示などいっさいしなかった。そのため、一参謀に過ぎない島村速雄大尉が調整役を買わざるを得なかった。また、佐世保鎮守府司令長官時代にも、艦隊の補給や整備に忙殺される鎮守府の業務いっさいを坂本俊篤参謀長に任せ、のちに教育本部長として教育改革を成し遂げた坂本に実績を上げさせた一方、自らは労せず大将に昇進したと厳しく批判されている。

家族[編集]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第7086号、明治40年2月15日。

参考文献[編集]

  • 半藤一利他『歴代海軍大将全覧』中央公論新社〈中公新書ラクレ〉、 2005年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
軍職
先代:
東郷平八郎
Naval Ensign of Japan.svg 海軍大学校校長
第8代:1896年11月5日 - 1898年2月1日
次代:
東郷平八郎
先代:
坪井航三
Naval Ensign of Japan.svg 横須賀鎮守府司令長官
第8代:1898年2月1日 - 1899年1月19日
次代:
相浦紀道
先代:
柴山矢八
Naval Ensign of Japan.svg 常備艦隊司令長官
第10代:1899年1月19日 - 1900年5月20日
次代:
東郷平八郎
先代:
東郷平八郎
Naval Ensign of Japan.svg 佐世保鎮守府司令長官
第10代:1900年5月20日 - 1906年2月2日
次代:
有馬新一
爵位
先代:
(創設)
鮫島男爵家
初代:1907年 - 1910年
次代:
鮫島具重