鮒パン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鮒パン
Bungeoppang-01.jpg
鮒魚빵
各種表記
ハングル 붕어빵
잉어빵
링어빵(北)
漢字 鮒魚빵
鯉魚빵
発音 ブンオパン
インオパン
リンオパン(北)
日本語読み: ふなうおぱん
こいうおぱん
2000年式 Bungeoppang
Ingeoppang
Ringeoppang(北)
テンプレートを表示

鮒パン(붕어빵 / 鮒魚パン、ブンオパン)は、日本たい焼きを模倣した韓国駄菓子。1930年代に韓国に渡った「たい焼き」が鮒(フナ)の形に変形した。 しばらく絶えていたが1990年代に再び登場し、最近では鮒パンの他にも鯉パン、ミニ鮒パンなどの種類の鮒パンがある。 場に好んで食され、特に女性からの人気が高い[1]。韓国の一部や北朝鮮では「鯉パン」(インオパン)として知られる。名は「パン」だが、イースト酵母は使用されず、いわゆる食パンや菓子パンといったものを指すパンとは別物である(なお現代の韓国では小麦粉を膨らした甘い菓子を伝統や由来の如何にかかわらず「빵(パン)」と表現する傾向がある。例としては饅頭のような「황남빵」など)。

日本のたい焼きと比べると個々の大きさは小さく、生地の厚みが一定でないが、具材は同じく小豆のが主流である。他、派生品はピザ用チーズなども使用され、その他キムチのなど、バリエーションは豊かである。

なお、日本のたい焼きも韓国では”鮒パンの一種”として扱われる。

日本のたい焼きが移入され模倣されたものだが、韓国では韓国オリジナルで作られたものだと思われている場合も多い[2]

脚注[編集]

関連項目[編集]