鮎川純太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

鮎川 純太(あいかわ じゅんた、1960年9月14日 - )は日本の実業家テクノベンチャー株式会社代表取締役会長。米国マサチューセッツ州ボストン出身。

企業[編集]

テクノベンチャーは、日本ベンチャーの草分けとして活躍した鮎川純太の祖父、鮎川義介(旧日産コンツェルン総帥)が終戦後、ベンチャー企業およびベンチャー企業家の発掘・育成の重要性を痛感し、1952年(昭和27年)に設立。

その後、鮎川純太の父、鮎川彌一がその志を受け継ぐとともに、MITの終身理事を務め、幅広いネットワークを作り、日本におけるベンチャーキャピタルのあり方を提案した。

創業者の鮎川義介が、現在の日産日立グループの産みの親といっても過言ではないため、それらの企業との絆が深いことが大きな特徴である。

日産コンツェルンに関連する資料を調べれば、その繋がりのみならず、日本経済の動きや組織の編制など、現代の多くの企業の手本になっていることがよくわかる。

経歴[編集]

成蹊大学経済学部卒業。マサチューセッツ工科大学で経営学を修める。

帰国後、山一證券企業開発部においてサンスイの英企業への売却や日経企業による米国ベンチャー企業の買収等、国内外のM&Aを担当する。

1991年、父鮎川彌一の死去に伴い、1992年にテクノベンチャー代表取締役会長として入社。その後、1993年6月に代表取締役社長を兼務する。

2005年1月11日女優杉田かおると結婚。同年8月11日に離婚。離婚騒動の際に、元妻が関西テレビの番組にて、過剰な発言をした事に対して「事実関係を歪曲しており自分の社会的評価を低下させ、名誉を毀損・侮辱するものである」とし、関西テレビに訂正放送と謝罪を要求、その後、放送倫理・番組向上機構の人権委員会に同内容の人権救済の措置を申し立てた。審理の結果、鮎川の主張は認められ、人権委員会は関西テレビ側に再発防止を求める「勧告処分」を下した。(なお、「勧告」は人権委員会決定の中で最も重い処分である)

2006年10月に東証マザーズ上場企業(セキュリティーソフト関連)の社長に就任、その後、2007年に退任。

財団法人日産厚生会など、多くの財団法人や企業との繋がりも深くそれらの理事・役員も兼務している。

親族[編集]

現在もMITとの関係は密接であり、産学協同を目的としたMIT日本事務所のサポートを含めた関係を続けており、鮎川彌一の意志は受継がれている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]