魚籃寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
魚籃寺
Gyoran ji.jpg
山門
所在地 東京都港区三田4-8-34
位置 北緯35度38分33.3秒
東経139度44分15秒
座標: 北緯35度38分33.3秒 東経139度44分15秒
山号 三田山
宗派 浄土宗
本尊 魚籃観世音菩薩
創建年 承応元年(1652年
開基 称誉
正式名 三田山 水月院 魚籃寺
札所等 江戸三十三箇所25番
文化財 魚籃寺奉納絵馬及び掛軸(区指定有形民俗文化財)
テンプレートを表示

魚籃寺(ぎょらんじ)は東京都港区三田4丁目にある仏教寺院魚籃坂中腹に位置する。山号は三田山。寺号は詳しくは三田山水月院魚籃寺と称する。江戸三十三箇所観音霊場の第25番札所である。

名称の由来[編集]

本尊が「魚籃観世音菩薩」(頭髪を唐様の髷に結った乙女の姿をした観音像)であることから。 それは中国、唐の時代、仏が美しい乙女の姿で現れ、竹かごに入れた魚を売りながら仏法を広めたという故事に基づいて造形されたものである。

歴史[編集]

元和3年(1617年)頃に豊前国中津にある円応寺に称誉が建立した塔頭である魚籃院を前身とする。 寺の創建は承応元年(1652年)称誉が現在の地に観音堂を建て、本尊をここに移したことに始まる。

アクセス[編集]