魚柄仁之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索


魚柄 仁之助(うおつか じんのすけ(ペンネーム)1956年4月21日 - )は日本の食生活研究家、エッセイスト漫画原作者ペーパーナイフアーティスト。

略歴[編集]

福岡県北九州市戸畑区に生まれる。実家は大正7年創業の日本料理店[要出典]

小学生時代、針金が左目に刺さる事故で左目を失明。[1]中学生時代から独学で自転車・ラジオ・時計の修理、ギターの修理と演奏に熱中する[要出典]。当時から中古自転車・中古ギターを修理・売買し、中学3年生からはキャバレーのギター演奏のアルバイトも行っていた[要出典]

1975年福岡県立戸畑高校卒業後、宇都宮大学農学部に入学。実家の仕送りには頼らず、ギター弾きや建築現場、旅館の配膳アルバイトをしながら1981年古物商免許を取得し、貯金200万円を元手に宇都宮市バイク店を開いた(共同経営)[2]。大学は6年で中退。1983年同店を人に譲り、東京都目黒区自由が丘で古道具店「ガレージハウス」を開店(共同経営)。当時、東京山の手は建て替えラッシュで、田園調布等の家から骨董品を回収し販売する商売を行ったという。その後、独立して目黒区祐天寺に中古楽器を主に扱う古道具店「マルクス」を開店、スタジオミュージシャンやチェッカーズのメンバーも来店した。[3]

魚柄は古道具商はバブル時代の季節商売だと考え、二輪店時代乱読していた筒井康隆池波正太郎大藪春彦らの文体を研究し文筆業への転身を考えていた[要出典]1994年、エッセイ集『秘伝(とっておき)めしたきの術(わざ)』を発表し、食生活研究家として知られるようになった。

古道具店「マルクス」は港区白金に移転し、名前を「隠れ家(かくれや)」に変更し、1998年頃に閉店した。[要出典]

博多弁のユーモラスな文体で、現代社会で失われつつある旧来の食・文化・生活の智恵を紹介する魚柄の著作には、ファンが多く生まれ[要出典]『うおつか流 台所リストラ術』『ひと月9000円の快適食生活』『『冷蔵庫で食品を腐らす日本人』はベストセラーとなった。

現在は東京都目黒区の古い家に住み、「50歳以降は楽隠居」と称し、気ままな著述活動をしている[4]。食生活研究以外にも、節約エコロジー骨董品日本酒防災・経営コンサルティング等、経験と実践に基づいたノウハウと独自の哲学を発表している。テレビ・ラジオなどマスメディアへの出演や、省庁地方自治体からの講演依頼も多い。

バックボーン[編集]

少年時代の失明を教訓に「毎日が命日」を座右の銘とし、小学生時代映画『大脱走』や入隊していたボーイスカウトでのサバイバル技術に感銘を受け、『自分で何もできない人にはなりたくない』という決意のもとDIYや商売等様々な技術を培ったという。また、魚柄の中学校教師の指導スタイルから影響された、「疑問を感じたら、仮説を立てて実践する」という姿勢を一貫している。[5]

ペンネーム[編集]

酒が好きで、ウォッカジンに引っ掛けて考案した[要出典]。著書を出版する以前に「魚柄 仁」(うおつか・じん)と名乗っていたことがある[要出典]

交遊関係[編集]

作家活動や知人関係を通じ、著名人とも交流がある(あった)。

  • 立松和平 作家。宇都宮時代に近所であり、ふとしたことをきっかけに知り合った[要出典]
  • 山岡久乃 女優。医者の友人を通じて知り合い、ホームパーティーをする仲になった[要出典]
  • 増田明美 元女子マラソン・陸上競技長距離走選手、現スポーツジャーナリスト。増田のラジオ番組にゲスト出演したことを機に親しくなった。
  • 藤田紘一郎 東京医科歯科大学教授。カイチュウ博士として知られる。一緒に講演を行ったり、対談を行っている。

著書[編集]

  • 『秘伝(とっておき)めしたきの術(わざ)』 協同図書サービス、1994年5月、ISBN 4-7874-7003-5
  • 『うおつか流 台所リストラ術』 農山漁村文化協会、1994年6月、ISBN 4-540-94056-2
  • 『うおつか流 清貧の食卓』 農山漁村文化協会、1994年7月、ISBN 4-540-94057-0
  • 『うおつか流 生活リストラ術』 農山漁村文化協会、1995年3月、ISBN 4-540-94156-9
  • 『魚柄仁之助の料理帖』 光文社、1995年9月、ISBN 4-334-00563-2
  • 『魚柄仁之助のめしのチカラ』 ネスコ、1996年10月、ISBN 4-8903-6932-5
  • 『ひと月9000円の快適食生活』 飛鳥新社、1997年4月、ISBN 4-87031-277-8
  • 『魚柄仁之助の楽膳のすゝめ』 マキノ出版、1997年6月、ISBN 4-8376-6035-5
  • 『魚柄の料理帖』 光文社、1997年11月、ISBN 4-334-72506-6
※『魚柄仁之助の料理帖』を加筆・再編集して文庫化したもの。
  • 『魚柄仁之助のもてなし楽膳』 マキノ出版、1997年12月、ISBN 4-8376-6040-1
  • 『古道具屋さんの経済原論』 飛鳥新社、1998年02月、ISBN 4-87031-322-7
  • 『うおつか流、食生活かくめい』 講談社、1998年06月、ISBN 4-06-269019-5
  • 『丸ごと魚柄仁之助』 ビブロス、1998年09月、ISBN 4-88271-705-0
  • 『誘惑料理』 徳間書店、1998年9月、ISBN 4-19-860910-1
  • 『食べ暮らしダイエット』 文藝春秋、1999年2月、ISBN 4-16-354840-8
  • 『月刊うおつか通信』 1998年~1999年。個人出版
  • 『「笑って死ねる」安全食実践講座』 講談社、1999年9月、ISBN 4-06-269085-3
※個人出版した雑誌「月刊うおつか通信」をまとめ書籍化したもの。
  • 『一年間10万円つくる、食べる、もてなす365日全記録』 講談社、1999年11月、ISBN 4-06-209967-5
  • 『今夜の魚、呑む銘酒』 毎日新聞社、2000年4月、ISBN 4-620-79146-6
  • 『儲け道』 メディアファクトリー、2000年11月、ISBN 4-8401-0175-2
  • 『元気食、実践マニュアル、155』 文藝春秋、2001年1月、ISBN 4-16-766003-2
  • 『インゴーでゆこう!』 大和出版、2001年4月、ISBN 4-8047-6093-8
  • 『裏儲け道』 メディアファクトリー、2001年5月、ISBN 4-8401-0297-X
  • 『儲かる古道具屋裏話』 文藝春秋、2001年10月、ISBN 4-16-766027-X
  • 『うおつか流、台所リストラ術、[文庫版]』 講談社、2001年11月、ISBN 4-06-256559-5
  • 『食べちゃる!!—うおつか指南料理心得』 世界文化社、2001年4月、ISBN 4-4180-1507-8
  • 『続、今夜の魚、呑む銘酒』 毎日新聞社、2001年4月、ISBN 4-620-79177-6
  • 『1人前100円、なんで美味いの?』 徳間書店、2001年5月、ISBN 4-19-891498-2
  • 『作っちゃる!!—うおつか指南世直し料理』 世界文化社、2002年1月、ISBN 4-4180-2501-4
  • 『うおつか流、ぜい肉リストラ術』 講談社、2002年2月、ISBN 4-06-256588-9
  • 『大正時代の知恵に学ぶ野菜の食べ方、178種類』 飛鳥新社、2002年04月、ISBN 4-87031-503-3
  • 『うおつか式、生活哲学入門』 講談社、2002年6月、ISBN 4-06-269182-5
  • 『うおつか流豊かな時間の使い方—チャンスをつかむ、関係を作る』 光文社、2002年10月、ISBN 4-334-78189-6
※『丸ごと魚柄仁之助』の文庫化。
  • 『マンガで読む有機野菜の食べ方100』(作画:野口弓子) 飛鳥新社、2004年3月、ISBN 4-87031-604-8
  • 『うおつか流、台所リハビリ術』 2005年04月、飛鳥新社、ISBN 4-87031-669-2
  • 『知恵のある・和の家・和の食・和の暮らし』 主婦と生活社、2005年05月、ISBN 4-3911-3078-5
  • 『熱血!日本酒バカ』 法研、2005年6月、ISBN 4-8795-4571-6
  • 『酒育のススメ』 家の光協会、2006年5月、ISBN 4-2595-4691-0
  • 『うおつか流大人の食育』 合同出版、2006年10月、ISBN 4772603794
  • 『うおつか流みんなで体験!台所塾』 合同出版、2006年12月、ISBN 4772603816
  • 『うおつか流あぶないニッポンで安全に暮らすためのヒント100』 日貿出版社、2007年3月、ISBN 4817081171
  • 『冷蔵庫で食品を腐らす日本人』(朝日新書059) 朝日新聞社、2007年8月、ISBN 4022731591
  • 『冷蔵庫で食品を腐らせない日本人』 大和書房、2008年4月、ISBN 978-4479781820
  • 『明るい食品偽装入門』 サンガ、2008年9月、ISBN 978-4901679930
  • 『食べかた上手だった日本人―よみがえる昭和モダン時代の知恵』 岩波書店、2008年10月29日、ISBN 978-4000237796
  • 『うおつか家の台所実用ノート― 眼からウロコ! “ひと月9000円”の快適食生活 ―』 ゴマブックス、2009年3月、ISBN 978-4777151196
  • 『世渡りの技術―年間生活費50万円は可能だ!―』 ソフトバンククリエイティブ、2009年10月、ISBN 978-4797350227
  • 『うおつかさん家の ラー油はラー油でも生辣油の本』 プレジデント社、2010年9月、ISBN 978-4833419444
  • 『食ベ物の声を聴け!』 岩波書店、2011年4月8日、ISBN 978-4000237925
  • 『捨てずにおいしく食べるための食材食べ切り見切り時手帖 』 池田書店、2012年11月、ISBN 978-4262129822
  • 『とろみの料理帖』 池田書店 2014年2月、ISBN 978-4262130040

漫画(原作)[編集]

ラジオ出演[編集]

  • 上柳昌彦 ごごばん!内「ハートフルライフ プレミアムトーク」火曜日レギュラー(2010年6月29日~、ニッポン放送)

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「世渡りの技術」(ソフトバンククリエイティブ)より
  2. ^ リクナビNEXT 叱ってちょーだい
  3. ^ 「世渡りの技術」(ソフトバンククリエイティブ)より
  4. ^ 「世渡りの技術」(ソフトバンククリエイティブ)より
  5. ^ リクナビNEXT 叱ってちょーだい