魔鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

魔鏡(まきょう)は、平行光線ないし点光源からの拡散光線を反射すると、反射面のわずかな歪みにより反射光の中に濃淡があらわれ、像が浮かび上がる鏡(特に銅鏡)である。

原理[編集]

平面鏡の鏡面にわずかな(近くでは容易にわからない程度の微細な)凹凸がある。日光の平行光線などを反射させると、凸の部分では光が散乱し暗く、凹の部分では収束し明るくなる。その結果、文様があらわれる、という仕組みである。微細な凹凸である為、近くでは通常の鏡に見えるが、反射光をあてる先の距離を数メートルほど長くすると文様が見える。

製法[編集]

青銅で鋳造された鏡の鏡面を研磨する際、ある一定以上の薄さになると鏡自体が手の圧力に耐え切れなくなり微妙にしなる様になる。鏡の裏側に文字や像など各種図形の凹凸の厚みがあると、しなり具合が厚みのある部分で異なり、研磨の際にごくわずかな凹凸を生じさせる。これが平面鏡の中に凹凸が組み込まれていく原理である。

歴史[編集]

古くは中国の時代から存在した。現在確認されている最も古い魔鏡は紀元前1世紀頃、前漢の時代に作られたとみられる「透光鑑」と呼ばれる鏡である[1]

伝承としては、317年頃の晋にて葛洪が書いた『抱朴子』に魔鏡らしき記述が有る。また『日本書紀』の第五段の一書の1では、伊弉諾尊が、左手で白銅鏡(ますみのかがみ)を持ったときに大日霎貴(天照大神)が生まれた、という記述が有る[2]

日本では古墳時代三角縁神獣鏡で魔鏡の現象が確認されている。 17世紀に入ると隠れキリシタンの間で隠れ切支丹鏡が作られ、禁止されたキリスト教の十字架マリアなどを隠したまま浮かび上がらせ、それを崇拝してきた[3]1990年頃、日本国内でも試験的に製造されたこともあり、磨きの技術は手作業で行われた(当時は機械では不可能)。5枚が製造され、そのうちの2枚がヨハネ・パウロ2世に贈られた。

海外の魔鏡[編集]

ヨーロッパでは主に文学に登場する。この場合は上記の様な魔鏡ではなく、通常の鏡である。魔法の道具などや魔よけなどとなっている。一例を挙げれば、『白雪姫』に登場する魔法の鏡、合わせ鏡、その他悪魔などを見分ける道具として用いられるが、魔鏡と呼んでいるものは殆ど見受けられず、「――の鏡」と言う形で呼んでいる。オースティン・フリーマンの短編"The Magic Casket"で、日本の魔鏡について触れられている。

参考文献[編集]

  • 永田信一『レンズがわかる本』 日本実業出版社 ISBN 4534034911

出典[編集]

  1. ^ “三角縁神獣鏡に「魔鏡現象」 最新技術で判明”. NHK. (2014年1月29日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140129/k10014866311000.html 2014年1月30日閲覧。 
  2. ^ 三角縁神獣鏡、文様の謎を3Dプリンターで解明 ニュース 関西発 YOMIURI ONLINE(読売新聞) また中国の神仙思想の古典「抱朴子ほうぼくし」(4世紀前半)には「径九寸(約22センチ)以上の鏡を照らせば神仙が現れる」とあり、「日本書紀」には白銅鏡から神が生まれたとの神話が書かれている。こうした記述が魔鏡を示すものか、さらに研究が進むと思われる。
  3. ^ “「卑弥呼の鏡」は「魔鏡」 3Dプリンターで復元”. 日本経済新聞. (2014年1月29日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASHC2902G_Z20C14A1000000/ 2014年1月29日閲覧。