不適切シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
不適切シリーズ
ジャンル 学園漫画
漫画:魔法使い(♂)と弟子(♀)の不適切なカンケイ
作者 紺矢ユキオ
出版社 アスキー・メディアワークス
掲載誌 月刊コミック電撃大王
レーベル 電撃コミックス
発表号 2009年6月号 - 2011年3月号
巻数 全4巻
話数 22話
漫画:クラスメイト(♀)と迷宮の不適切な攻略法
作者 紺矢ユキオ
出版社 アスキー・メディアワークス
掲載誌 月刊コミック電撃大王
レーベル 電撃コミックス
発表号 2011年6月号 - 2013年7月号
発表期間 2011年4月27日 - 2013年5月27日
巻数 全6巻
テンプレート - ノート

不適切シリーズ』(ふてきせつしりーず)とは、『魔法使い(♂)と弟子(♀)の不適切なカンケイ』をはじめとする紺矢ユキオによる日本漫画作品シリーズ2009年から刊行されている。

概要[編集]

2009年6月号から『魔法使い(♂)と弟子(♀)の不適切なカンケイ』(Loose Relation between Wizard & Apprentice)の連載が『月刊コミック電撃大王』(アスキー・メディアワークス)にて始まる。2011年3月号まで続き、全4巻まで単行本が刊行された。同年の6月号から2013年7月号まで、その続編に当たる『クラスメイト(♀)と迷宮の不適切な攻略法』(Improper capture method of Classmates & Labyrinth)が『月刊コミック電撃大王』にて連載された。続編も含めたシリーズ名は『不適切シリーズ』で統一されている[1]

主なキャラクター[編集]

魔術に関わる人々[編集]

味方陣営[編集]

西園寺 幾丸(さいおんじ いくまる)
通称「マスター」。
魔術師教会前理事長・西園寺家前当主にして、現理事長・現当主である百香の兄。ついでに現役高校生。
過去に、死にそうになっていたこのはを助け、それ以降(魔術面では)師弟関係にある。ただし生活面では、このはに任せっきりの模様。
七つの大罪の一つ、「暴食」をその身に宿していたが、2巻で奪われ、その結果人間を辞めざるを得なくなってしまった。
単行本3巻現在、後述の瑠璃垣ミナミ所属の眷属である。
篠宮 このは(しのみや このは)
幾丸の弟子で魔術師見習い(後に正式魔術師に昇格)でクラスメイトの美少女。性格が良く家事も上手い完璧超人。
過去に命を助けて貰った事などから、幾丸に恋心を抱いている。
腕力が強く[2]、後述の数音を、一撃で気絶させた経験がある。暴走するとかなり強い。
単行本3巻で、身体にくっ付いていた魔物に気付かないなど、鈍感な部分もあるらしい。
西園寺 百香(さいおんじ ももか)
幾丸の妹で、現魔術師教会理事長・西園寺家当主。
ややブラコンの気があるようで、このはの事をあまり良く思っていない。
眷属となってしまった兄を守る為、後述の瑠璃垣ミナミを幾丸の元に行かせた。
4巻で父がこのは達に性魔術の講義をしている場面を目撃し、赤面しつつ強いショックを受けていた。
瑠璃垣 ミナミ(るりがき ミナミ)
百香に言われて幾丸の元に来た、正式魔術師。現在の幾丸の飼い主[3]である。
どこか天然らしく、幾丸の前で肌着姿や裸[4]になる事を躊躇わなかった。
「とりあえず」幾丸に吸精された際に、「やみつきになりそう」とコメントしており、傍から見ていたイシュタルに「いい雰囲気」と思われていた。また、同じ部屋で無防備に寝る等、幾丸に好感(好意かは不明)を抱いている模様。

敵陣営[編集]

来生 恵美(きすぎ えみ)
十年以上前に魔術師の誓いを破り処理された魔術師の養女。
現在は跡を継ぎ、その地の守護騎士をしている。
“恐るべき子供”数音と共に、己の信じる方法で、人類の為になる事をしようとしている。
ちなみに、彼女が「殺すか?」と言った時の数音の慌てぶりから、数音よりも強いか、数音の弱点を握っていると思われる。

神・悪魔・魔物など[編集]

イシュタル
学校の封印の魔法陣が綻びた際に、ソロモン72柱が一柱、アスタロトとして召喚されたが、幾丸の「暴食」に魔力を奪われ、本性である金星の女神イシュタルに戻り、以後幾丸の家に居候している。何故か、近代機器の扱いに長けている。
豊穣の女神、性欲の女神でもあり、このはの恋を応援している。
「暴食」を奪われ死に掛けていた幾丸を助けた恩人[5]でもある。
単行本3巻にて、このは所属の眷属になった。
数音
三百年の魔術の凝縮によって生まれた、“恐るべき子供”で、魔導生命体。
極度の音楽狂いで、ヘッドホンを手に持っていても耳がキーンとする程の音量で聴いている。
幾丸の「暴食」を奪った張本人で、その際に暴走したこのはに、倒されかけた。
不死の王
クトゥルー
ルルイエの主にして、旧支配者。恐るべき力を持っており、魔術師の間では『外宇宙からの侵略者』と思われている。
ルルイエの宮殿の中で、永く眠っているとされている。
だが実際には、外宇宙から来た事や恐るべき力を持っていたのは事実であるものの、力が強いただそれだけのであり、特に侵略の意図は無かったと思われる。
そこを、自分たちよりも遥かに強い力を持つ彼女を恐れた、古代の伝説の魔術師たちによってルルイエに封印された。
数百年以上の長きにわたって眠らされていたが、真実を知った弓丸によって、人間界の常識やすばらしさを教えられていた(幾丸曰く「刷り込み」)。

故人・行方不明の人・魔物など[編集]

西園寺 弓丸(さいおんじ ゆみまる)
幾丸の父で、元西園寺家当主にして、元魔術師教会理事長。
数年程前に、ルルイエに向かったきり、消息が途絶えており、戦死したと思われていた。
実際には、ルルイエで先祖の犯した過ちを知り、それを正すべくルルイエに留まっていた。
来生 裕蔵(きすぎ ゆうぞう)
恵美の義父であり、数音の生みの親。十年以上前に、魔術師の誓いを破ったとして恵美に処理されている。
実際には恵美も助手として手伝っており、何らかの目的があっての事だと思われる。[6]
真実を知った事により絶望・発狂し、自らアストラル体を自爆させ、全てを葬ろうとしたが、幾丸によって地球への被害は回避された。

それ以外の人々[編集]

クラス女子(単行本3巻時点では、名前不明)
このはと幾丸のクラスメイトの、黒髪ロングの美少女。
このはの胸をふざけて揉んでいるシーン[7]や、このはをからかうシーン等がある事などから、このはの親友の1人と思われる。
あるみ
諸事情あってこのはの欠点を探していた途中に魔物に襲われ、このはに助けられた少女。このはの事を「先輩」と読んでいたので、学年が1つか2つ下だと思われる。
魔物を倒す姿が「超ステキ」だったらしく、このはに「一生ついていく」と宣言し抱きついた
幾丸の事を信用しておらず、幾丸の元から離して、このはと同棲する事すら夢見ていた。
幾丸の家が「あの西園寺家」だと知った際は、祝福すべきなのかどうか、混乱していたが、その後の出番は無い(単行本4巻現在)。

主な用語[編集]

魔術師(魔法使い)
このは曰く、『魔術を使って、人類を高次に導いていくのが仕事』らしい。行動を制限する為の「誓約」があり、違反すれば、他の魔術師たちに「処理」される。他にも、色々な原則・規則・誓いがある。
魔術師の(大)原則
例えば、「眷属は魔術師一人に対して一体」「魔術師に所属していない、魔力で動く亜生物は討伐の対象」等であり、この為に、眷属となった幾丸は、誰かの所属にならなければいけなくなった。また、それまで幾丸の所属だったイシュタルも、このはの所属にならなければいけなくなった。この事から判断するに、いかなる状況でも、例外は許されない模様。
眷属
魔界の眷属で、魔術師一人に対して一体が大原則。
百香はルルイエ監視用の眷族を持っていた為、眷属となった幾丸を自分の所属にする事が出来なかった。
ルルイエ
南緯26度43分西経126度43分に位置する、クトゥルーの住む宮殿。
宮殿自体が生きており、それを生かす為に過去、数多の魔術師たちが「餌」として扱われた。
魔界
魔界というのは便宜上の名前であり、「霊界でも天界でも好きなように呼ぶとよい」らしい。
この世界と並列で存在するエネルギーのみの世界で、そこに流れ込んだ人々の思いが様々な神々を発生させた。
その神々の交歓から生まれた、人由来でない住人も発生してきており、混沌とした空間になっている。
一言でいうなら、「人よりも強力な意識体棲む、魔術師が力を引き出す源泉」である。
西園寺家
表向きは、「財閥で大富豪で政治家にも強い影響力がある」名門家系。
魔術面でみれば、六百年続く魔術の家系でもある。
総理経由で警察組織を動かす事も出来る[8]

注釈[編集]

  1. ^ 『魔法使い(♂)と弟子(♀)の不適切なカンケイ』第4巻巻末より。
  2. ^ ただし、強化魔術を咄嗟に使っていた可能性はある。
  3. ^ 単行本第3巻帯では、「飼い主」という言い方がされている。
  4. ^ 魔法陣を描く為である。
  5. ^ 命は失ってしまった為、「命の恩人」ではない。
  6. ^ 劇中の描写から推測すると、『数音の存在を隠すため』『魂を数音に移すため』など考えられるが、公式には言及されていない。
  7. ^ その時の口ぶりから察するに、以前にも同じ経験があるらしい。
  8. ^ 魔術師教会の力である可能性もある。

単行本[編集]

電撃コミックスより刊行。

  • 魔法使い(♂)と弟子(♀)の不適切なカンケイ
  1. 2009年10月27日発売 ISBN 978-4-04-868192-6
  2. 2010年4月27日発売 ISBN 978-4-04-868570-2
  3. 2010年10月27日発売 ISBN 978-4-04-868992-2
  4. 2011年4月27日発売 ISBN 978-4-04-870409-0
  • クラスメイト(♀)と迷宮の不適切な攻略法
  1. 2011年10月27日発売 ISBN 978-4-04-870981-1
  2. 2012年2月27日発売 ISBN 978-4-04-886411-4
  3. 2012年6月27日発売 ISBN 978-4-04-886722-1
  4. 2012年10月27日発売 ISBN 978-4-04-891102-3
  5. 2013年2月27日発売 ISBN 978-4-04-891454-3
  6. 2013年6月27日発売 ISBN 978-4-04-891837-4

出典[編集]

  • 原作単行本4巻まで

外部リンク[編集]