魔法使いアキット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

魔法使いアキット(まほうつかいアキット)は、長野県生まれのマジシャン


来歴・人物[編集]

1988年1月31日生まれ。B型。 4歳よりマジックを始め、出身地の長野などで活動する。カードマジック、カップ・アンド・ボールをはじめとするクロースアップ・マジックカードマニピュレーションイリュージョンなどのステージマジックから、バルーンアート、7ボールジャグリング中国ゴマ(2ディアボロ)、4クラブといった大道芸まで、屋内外を問わずに興行する。「スプーン曲げ」は「長野曲げ」と呼ばれ、フォーク曲げも行う。趣味は絵を描くこと。

小学生の頃には既に、シンデレラのお話をベースにした、マジックを取り入れた台本を作ったりもしていた。 中学生の頃、テレビで観たスプーンの長野曲げに衝撃をうけて、スプーンを常に持ち歩き練習したところ、給食の時間に初めて成功した。 トランプの持ち込みは禁止されている学校だったが、アキットだけは「あの子は命の次にトランプが大事なんだ」と取り上げられることはなかった。 ジャグリングは公園などで練習していた。本人いわく、謎過ぎる子供で、ひとりでいることが多かったという。

2009年ごろから、長野駅を中心に「マジカルな清掃員」として突然現れ、本当に掃除をしつつ道ゆく人にパントマイムやマジックを披露する活動を行う。 これは特に雇われているのではなく、「そこをあたりまえに通る方に、小さなサプライズで夢を。遠くから長野にやってきた方に、おもてなしの心を」と、名前も明かさず、投げ銭も貰わず、ボランティアのような形で、本人が考えて初めたものだった。その動画がYouTubeなどにアップされ、徐々に知名度をあげた。

魔法使いアキットという芸名については、特に本名がアキトというわけではなく、自分のコンプレックスなどからネガティブな由来でつけているとのこと。 また、大人になるというのは魔法が解けてゆくこと、しかし大人になると魔法使いになれると語る。

長野曲げについては、集中するとスプーンを曲げるところがとても熱くなり、硬いスプーンでもぐにゃりと曲がる。 この長野曲げに関しては、種も仕掛けもない。

映画 「曲がれ!スプーン」では、にマジックをする警備員として出演し、サイドストーリーではメインの出演者だった。

長野県内では、地元情報誌「TV&TOWN コンフィ」への連載のほか、地元テレビ局でも出演する。


外部リンク[編集]