高麗棒子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

高麗棒子(ガオリーバンズ、: 高丽棒子拼音: Gāolì bàngzi: 고려봉자: こうらいぼうし: Gaoli bangzi)、あるいは朝鮮棒子조선봉자)、韓棒子한봉자)は、主に中国人が使う韓国・朝鮮人の蔑称。省略して棒子とも言う。中華圏では認知度の高い語彙で多用されるが、侮蔑語であるため、現在でも中国に住む朝鮮族はこの言葉を嫌っている。

用法[編集]

戦前[編集]

高麗棒子の語源について、中国の歴史学者羅継祖は著書『楓窓脞語』(楓窗脞語)でこう述べている。

「解放前から、朝鮮人・韓国人のことを高麗棒子と呼んでいたが、その意味が判然としなかった。解放後で禁止用語になったので、美称ではないことを知った。だがその意義が曖昧なままだった。後に王一元の『遼左見聞録』を拝読し、その記載によると『朝鮮朝貢使と従者以外にも、使い走りの者で棒子と呼ばれる者が居る。その国では婦女が淫行罪を犯したら、刑罰として公営の売春宿で働かせ、そこで生まれた子が棒子と呼ばれ、一般人に蔑視されている。頭巾の使用が禁止されるので頭髪とヒゲが常に散乱し、馬や車両に乗るのも禁止されるので萬里の道でも徒歩で歩く、火炕や布団の使用も禁止されるので藁や乾草で床で寝る。つまりその国の賎民で下級労働者なり。』それでやっと棒子は元々私生児を指すことを知った、そしてそれは世代沿襲の身分でもあり、遂に自ら社会階層の一つと成った。」

満州国では警察官に朝鮮人も採用していた。朝鮮人警察官は、主に朝鮮で洗濯に使う棒を武器として警備をし、事実上の支配国であった日本の威を借りて横暴な態度を取っていたため、現地の中国人達は警官の携帯する武器の棒より「高麗棒子」と蔑称した[1][2]

早稻田大学が所蔵する、清朝の乾隆十六年版『皇清職貢圖》第一冊の中に、「朝鮮国民婦」図の後ろのページに「朝鮮国民人,俗呼を高麗棒子と呼ぶ。」と記載されている。 (中国版「高麗棒子」)

また、中国では昔から人を「棒槌」と罵る習慣がある。棒槌とは洗濯用のずっしりとした棒で、人を罵る際の意味は日本語の「頭でっかち」と似ている。

現在[編集]

高麗棒子は現在でも用いられている。

2012年6月18日鴻海精密工業郭台銘会長がシャープとの技術提携を発表するにあたって「わたしは日本人を尊重している。日本人は決して後ろから刺したりしない。しかし、高麗棒子は違う」と発言している[3][4]。これに対して朝鮮日報は韓国人を卑下するものであるとしている[3][4]

脚注[編集]

  1. ^ 「韓国・朝鮮と日本人」若槻泰雄
  2. ^ 中央日報 - 【噴水台】高麗棒2008年8月28日
  3. ^ a b "샤프의 첨단 기술 삼성보다 우수… 日·대만 협력해 삼성 LCD 이길 것" 朝鮮日報 2012/06/20
  4. ^ a b 「日台協力でサムスンに勝つ」 鴻海会長が宣言 朝鮮日報 2012/06/20

関連項目[編集]