高速鳴門バスストップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高速鳴門バスストップ
位置 北緯34度11分14.96秒東経134度36分32.21秒(兵庫・大阪・京都・愛知・東京方面)
北緯34度11分14.03秒東経134度36分33.02秒(徳島方面)
高速鳴門バスストップ(高速バス降車口・淡路線徳島行乗車口)

高速鳴門バスストップ(こうそくなるとバスストップ)とは、徳島県鳴門市撫養町大桑島神戸淡路鳴門自動車道上にあるバス停留所である。

概要[編集]

当BSは、1987年5月の本四道路(現・神戸淡路鳴門自動車道)鳴門北IC - 鳴門IC開通時に徳島 - 福良・津名港間特急バスの停留所として「本四撫養」の名で開設された。(当時同道路内に開設されたバス停は一部を除き「本四」を頭につけていたが道路内の標識では本四を外して表記していた[1]。その後東京行き夜行バスや神戸・大阪行き高速バスが開設されここを経由するようになり、1998年明石海峡大橋開通時にバス停上での名称が「鳴門撫養(なるとむや)」に変更された。その後、経由するバスの本数が年を追うごとに増加し、後に鳴門市のいち地域名である「撫養」から鳴門市を代表する高速バス乗り場として[要出典]、現在の「高速鳴門」に変更された。現在では徳島駅京阪神等を結ぶ高速バスの大部分[2]が発着する。1日の発着回数は230回[3]を数え、徳島県の玄関としての機能も果たすと同時に、徳島県において最も重要なバス停留所の一つとなっている[要出典]。とりわけ鳴門市では、今や鉄道駅鳴門駅を上回る交通拠点となっており[要出典]、このような事例(高速バスのターミナルが単独で地域交通の中核となる事例)は香川県東部・徳島県淡路島等、近隣の大都市との連絡が高速バスのみという地域に限って起こる特異な現象である[要出典]

なお、経路の関係上、本BSを通らない高松・岡山・広島方面の路線は鳴門ICの北方にある「鳴門インター北口」バス停が補完している。

設備[編集]

すろっぴ〜 すろっぴ〜
すろっぴ〜
鳴門市観光情報センターとすろっぴ〜乗り場

当バスストップは丘陵地に位置するために、麓とを結ぶ無料のモノレールスロープカー)「すろっぴ〜」が設置されている(徒歩での移動も可能)。そのモノレールの乗り場とバスストップ(乗車口側)の間には屋根トンネルが設置されており、にさらされることなく移動することができる、さらに上り線のみ大型荷物を持つ乗客のためにエレベーターが設置されている。麓には、観光案内所や駐車場の他、コンビニエンスストアレンタカー等がある。敷地内の駐車場を利用すれば、パークアンドライドが可能である。

なお、のりば(上り線)にはLED式の発車案内表示があるが、これは徳島バスグループのみの表示であり、JRバスグループのものは表示されない。

路線[編集]

兵庫県方面[4][編集]

大阪府方面[編集]

京都府方面[編集]

愛知県方面[編集]

東京都方面[編集]

徳島市方面[5][編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 淡路交通高速バス時刻表(南淡路エリア)には現在でも「本四○○」の表記が見られる。[出典無効]
  2. ^ 徳島駅を発着・経由するバス路線のうち、名古屋方面オリーブ松山号は通過する。
  3. ^ 2006年7月1日現在のものを記載した[要出典]
  4. ^ かつて淡路島方面は特急バスが停車していたが現在は急行バスのみで小鳴門橋から発車している
  5. ^ 下り線からの発車

[編集]

神戸淡路鳴門自動車道
(11) 鳴門北IC - (BS) 大毛島BS - 高速鳴門BS - (12) 鳴門IC/TB

外部リンク[編集]