高翔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

高 翔(こう しょう、生没年不詳)は、中国三国時代の武将。蜀漢に仕えた。名は「高詳」・「高祥」とも書く。『三国志』蜀書に伝はなく、『季漢輔臣賛』にもその名はない。

生涯[編集]

219年漢中一帯に攻め込んだ劉備に従軍し、陽安関を守った。曹真徐晃とともに陽安関を攻撃したため、撃破された(「諸夏侯曹伝」の曹真伝)。

227年、第一次北伐の折りには馬謖らの後方の列柳城を守っており、王平とともに撤退する軍を支えたが、郭淮の攻撃を受け撃破された(郭淮伝、明帝紀が引く『魏略』)。

231年諸葛亮の北伐に従い、魏延呉班と共に司馬懿率いる軍を迎撃し、これを大いに破り、敵の首級を三千・鎧を五千・三千百のを獲得した(蜀書「諸葛亮伝」の注に引く『漢晋春秋』)。諸葛亮が李厳を弾劾した時の上奏文に名を連ねており、役職は督前部・右将軍・玄都侯となっている(李厳伝)。