高美以子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たか みいこ
高美以子
本名 Miiko Shikata
別名 高美似子
ベティ・イシモト
生年月日 1925年7月24日(89歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 シアトル
民族 日系アメリカ人
ジャンル 俳優
活動期間 1957年 – 1982年
配偶者 デイル・イシモト(1944年 - 1958年)
レニー・ブロンドハイム(1963年 - )
主な作品
サヨナラ』(1957年

高 美以子(たか みいこ、本名:Miiko Shikata[1]1925年7月24日[2] - )は日系アメリカ人女優マーロン・ブランドと共演した1957年の映画『サヨナラ』で演じた「ハナオギ」役で知られる。高美似子とも表記される[3]

デビュー前[編集]

1925年にシアトルで生まれ、ロサンゼルスカリフォルニア州)で育つ[4]。両親は日本からの移民で、彼女は日系アメリカ人二世である[5]。1942年に家族とともにアリゾナ州ヒラリバー戦争移住センターに収容される[6]

『サヨナラ』[編集]

サヨナラ』の監督ジョシュア・ローガンは、最初に「ハナオギ」役としてオファーしたオードリー・ヘプバーンに断られたことから無名の女優を起用する方針に変更する[5]。 当時ロサンゼルスの旅行会社の店員(clerk)として働いていた高が、地元の二世祭り(Nisei Festival)でタレントスカウトに見出される[4]。彼女はそれまで演技経験が全くなかったが[5]バラエティ誌は『サヨナラ』のレビューにおいて彼女に肯定的な評価を与える[7]ワーナー・ブラザーズは『サヨナラ』での演技を評価し、彼女と長期契約を結ぶ[8]

『サヨナラ』以降[編集]

『サヨナラ』以降も彼女は順調に様々な映画に出演し、ジェームズ・ガーナーボブ・ホープケーリー・グラント三船敏郎と共演する。映画と並行し、三船とは1980年代のテレビシリーズ『将軍 SHOGUN』でも共演している。また彼女は三船や黒澤明ハリウッドを訪問した際の通訳としても働く[9][10]

私生活[編集]

高は1944年にボルチモアで同じ日系人俳優であるデイル・イシモト英語版と結婚[11]、息子1人と娘1人をもうけるが、1958年に離婚する[12]

その後、1963年にテレビのニュース番組ディレクター、レニー・ブロンドハイムと再婚する[13]

映画[編集]

制作・公開年 映画タイトル 役名 備考
1957 サヨナラ
Sayonara
ハナオギ 映画デビュー作。マーロン・ブランド主演
1960 戦場よ永遠に
Hell to Eternity
エスター ジェフリー・ハンター主演
1961 嬉し泣き
Cry for Happy
チヨコ 『サヨナラ』で共演したミヨシ・ウメキとの再共演
1961 Operation Bottleneck アリ ロン・フォスターノーマン・アルデンと共にトリプル主演
1963 A Global Affair フミコ ボブ・ホープ主演
1965 恋するパリジェンヌ
The Art of Love
シュシュ 『サヨナラ』で共演したジェームズ・ガーナーとの再共演
1966 歩け走るな!
Walk Don't Run
クラワ・アイコ ケーリー・グラントの最後の出演映画
1968 The Power ヴァン・ザント夫人 ジョージ・ハミルトン主演
1973 失われた地平線
Lost Horizon
看護師 ピーター・フィンチ主演
1975 太陽にかける橋 ペーパー・タイガー
Paper Tiger
カゴヤマ夫人 三船敏郎との初共演映画
1978 私立探偵モーゼス
The Big Fix
女性販売員 リチャード・ドレイファス主演
1982 最後のサムライ/ザ・チャレンジ
The Challenge
ヨシダ・トオル(三船敏郎)の妻 現時点での最後の映画

[14] [15] [16]

脚注[編集]

  1. ^ Makino, Jimmy. “A Japanese-American Nisei in the 20th Century”. 2012年6月20日閲覧。
  2. ^ Miiko Taka” (英語). IMDb. 2012年4月5日閲覧。
  3. ^ 高美似子”. KINENOTE. 2013年3月4日閲覧。
  4. ^ a b Scott, John L. (1957年5月5日). “Fortune Bolt puts Miiko in Top Film Spot”. Los Angeles Times: p. E3 
  5. ^ a b c Capote, Truman (1957年11月9日). “The Duke in His Domain”. ザ・ニューヨーカー. http://www.newyorker.com/archive/1957/11/09/1957_11_09_053_TNY_CARDS_000252812?currentPage=1 2007年8月9日閲覧。 
  6. ^ National Archives: Miiko Shikata”. 2012年6月20日閲覧。
  7. ^ “Sayonara”. バラエティ. (1957年1月1日). http://www.variety.com/review/VE1117794653.html 2007年8月9日閲覧。 
  8. ^ Scheuer, Philip K. (1958年11月17日). “Faulkner Story Lifted Off Shelf, Cycle Looms; Miiko Taka to Stay On”. Los Angeles Times. p. B7 
  9. ^ Beyette, Beverly (1983年8月12日). “Toshiro Mifune Takes Up the Samurai Role Again”. Los Angeles Times. p. G1 
  10. ^ Thomas, Kevin (2002年11月28日). “WORLD CINEMA; An edgy, epic collaboration; Director Akira Kurosawa and Toshiro Mifune made 16 films together; 13 will be screening at the Nuart”. Los Angeles Times. p. E16 
  11. ^ “Actress Miiko Taka of Movies Wins Divorce”. Los Angeles Times. (1958年11月18日). p. B1 
  12. ^ “Miiko Taka Gets Divorce”. New York Times. (1958年11月17日) 
  13. ^ Paddleford, Clementine (1963年11月17日). “Barbecue at the Table”. Los Angeles Times 
  14. ^ Miiko Taka Filmography”. fandango.com. 2007年8月10日閲覧。
  15. ^ Miiko Taka”. imdb.com. 2007年8月10日閲覧。
  16. ^ Biography for Miiko Taka”. Turner Classic Movies. 2009年2月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]