高橋秀実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「髙橋秀実」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

高橋 秀実(たかはし ひでみね、1961年 - )は、日本ノンフィクション作家である[1]

来歴・人物[編集]

神奈川県横浜市出身[1]神奈川県立希望ヶ丘高等学校東京外国語大学モンゴル語学科[1]卒業。テレビ番組制作会社のADを経て、フリーのライターとなる。

ボクサーで、ボクシングのジムトレーナーを務めていた経験も持つ。

1992年8月、平凡社より『TOKYO外国人裁判』を出版。1995年、アメリカから帰国した村上春樹のもと、地下鉄サリン事件被害者に対する取材のリサーチャーを押川節生と共につとめる[2]。計60人におよぶ証言は、1997年3月刊行の村上春樹著『アンダーグラウンド』(講談社)にまとめられた。

2011年、『ご先祖様はどちら様』で第10回小林秀雄賞を受賞[3]。2012年出版した『「弱くても勝てます」 開成高校野球部のセオリー』は翌年第23回ミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞し[4]、2014年には『弱くても勝てます 〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜』として同年4月から6月まで日テレ系列にてテレビドラマ化された。

村上春樹は高橋について次のように評している。「高橋秀実さんはちょっと変わった人で、会うたびにいつも『いや、困りました。弱りました』と言っている。背も高く、体つきもよく、だいたい日焼けしていて(取材焼けかもしれない)、真っ黒な髭まではやしていて、昔ふうに言えばまさに『偉丈夫』というところである」[5]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 高橋 秀実新潮社、2014年2月18日閲覧。
  2. ^ 『村上春樹全作品 1990~2000』第6巻、講談社、2003年9月、解題。
  3. ^ >過去の受賞作品|小林秀雄賞新潮社、2014年2月18日閲覧。
  4. ^ 「2012年度 ミズノ スポーツライター賞」受賞者決定 (PDF)”. ミズノスポーツ振興財団 (2013年2月28日). 2014年2月4日閲覧。
  5. ^ 村上春樹 雑文集』新潮社、2011年1月、37頁。