高橋哲哉 (ゲーム製作者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

高橋 哲哉(たかはし てつや、1966年11月18日 - )は日本のゲームクリエイター静岡県出身。現在モノリスソフト取締役

概要[編集]

学生時代に日本ファルコムのPCゲーム『ザナドゥ』に出会い、ゲーム業界に興味を持ち、1988年日本ファルコムへ入社。ゲームデザイナーとして働き始める。
スタートレーダー』『ドラゴンスレイヤー英雄伝説』でグラフィックデザイナーを担当。この時、のちに『ゼノギアス』『ゼノサーガ』のキャラクターデザインを担当する田中久仁彦も共にキャラクターデザイナーを担当していた。その後も、『ダイナソア』のキャラクターデザインを両名で担当した。

その後1990年スクウェア(現スクウェア・エニックス)へ移籍。『FFIV』『FFV』『FFVI』でグラフィックデザインなどを担当した。その他のゲームにも主にグラフィックを中心に参加した。後の妻、田中香(現・嵯峨空哉)もスクウェアで主にグラフィックを担当していた(現在はフリーランス)。

1995年頃、高橋も『FFVII』プロジェクトに参加し企画案を練る。『FFVII』としては採用されなかったものの構想は当時の副社長である坂口博信に評価され、別ラインで作ってみないかと提案される。そのあと『FFVII』のチームから抜け、『クロノ・トリガー2』チーム(旧・通称聖剣班、後の第3開発事業部、をメインに『クロノ・トリガー』の続編を作るべく組まれたチーム。ただし旧『聖剣』班の多数は旧『サガ』班と共に『サガ フロンティア』チームに参加。『クロノ・クロス』参照)改め『ゼノギアス』チームをゲームデザイナーとして初ディレクター・脚本として総指揮をすることになった。

ゼノギアス』を製作後、続編の製作を望むがスクウェアの承認が得られず(ゼノギアスがミリオンヒットとなれば承認される筈だったが、僅かに届かなかった)、翌年1999年にスクウェアを退社。同年10月にナムコ(現バンダイナムコゲームス)の出資を受け、杉浦博英や本根康之らと共に子会社モノリスソフトを設立、移籍した。この頃の概要は嵯峨が当時設置していたウェブサイトで見られた。

モノリスソフトでディレクター・総指揮・脚本として『ゼノサーガ エピソードI[力への意志]』を製作。2003年5月に新しい体制が敷かれ、取締役というポストへ異動した。若手クリエイター育成のため、『エピソードII』からはディレクター職を新井考に、シナリオを米坂典彦に交代し、原案・監修という役割で製作に関わっており、開発初期においてプロット原稿を書き上げて『エピソードIII』の執筆に入るなど一線引いたポジションに立っていた。

ソーマブリンガー』では初のプロデューサーを務めた。また、『ゼノブレイド』では『ゼノサーガ エピソードI』以来、実に8年ぶりに総監督を務めた。

2010年6月の時点で二児の父親になっていることが、ゼノブレイドのインタビューにて明かされている。趣味は読書(主にSF小説)と映画鑑賞。好きなSF作家神林長平

製作に関わった主な作品リスト[編集]

太字は妻・田中香が関わった作品。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]