高橋和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

高橋 和(たかはし やまと、1976年6月17日 - )は、将棋女流棋士神奈川県藤沢市出身。身長160cm。血液型O型。神奈川県立鎌倉高等学校卒業。佐伯昌優九段門下。女流棋士番号28のち13。夫は、『将棋世界』元編集長で、作家大崎善生

4歳の時に交通事故に遭い、左足の切断も考えなければいけないほどの重傷を負い、治療のための入院・手術を繰り返した。その後、7歳で将棋に出会い、14歳でプロデビューする。タイトル挑戦などの履歴は無いが、サニーサイドアップ所属のタレントとして、テレビへの露出などを通して、女流棋士の存在を大いにアピールした。子供への普及活動にも熱心で、そちらにより専念するため、2005年2月、現役を引退。女流棋士のご意見番としてBlogを中心に活躍中。現在は81Dojoなどでshogiotomeを開いている。


略歴[編集]

主な受賞歴[編集]

  • 2002年 第40回(2001年度)詰将棋看寿賞短編賞(詰将棋パラダイス2001年5月号表紙掲載作に対して)

※ただし本作は、岡田敏が「将棋世界」昭和55年3月号に発表した作品と、15手のうち5手目から最終手まで同一手順である。よって作者の意図は不明ながら、作品としては岡田の作品の冒頭に4手を付け加えただけの剽窃とも理解できる。また、高橋は、これが初投稿作であり、以後詰将棋の新作を発表していない。

TV[編集]

著書[編集]

関連書[編集]

  • 優しい子よ((夫)大崎善生著 講談社) ISBN 4062134926

関連項目[編集]

外部リンク[編集]