高校生ブルース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高校生ブルース
監督 帯盛迪彦
脚本 伊藤昌洋
出演者 関根恵子
内田喜郎
篠田三郎
伊藤幸子
堀雄二
音楽 伊部晴美
撮影 喜多崎晃
編集 中静達治
配給 ダイニチ映配
公開 日本の旗 1970年8月22日
上映時間 84分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

高校生ブルース』(こうこうせいブルース)は、1970年8月22日公開の日本映画。原作は柴田成人の『傷だらけの十六歳』。当時15歳の関根恵子(現:高橋惠子)がフルヌードで体当たりの演技を見せ、鮮烈なデビューを飾った衝撃作。“レモンセックスシリーズ”の第一弾として位置づけられている。

ストーリー[編集]

16歳の美子はある日、クラスメイトの昇とふとした好奇心から肉体関係を持つ。しばらくして自分が妊娠していることに気付く。事実を知らされた昇はやっとの思いで医者に相談。昇は、中絶費用を工面するため家族に内緒でバイトを始める。

登場人物[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]