高松信用金庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高松信用金庫のデータ
統一金融機関コード 1830
代表者氏名 蓮井明博(理事長)
店舗数 31店
設立日 1949年5月23日
所在地
760-0052
外部リンク http://www.takashin.co.jp/
テンプレートを表示
本店

高松信用金庫(たかまつしんようきんこ)は香川県高松市に本店を置く信用金庫である。愛称は「高信(たかしん)」。

統一金融機関コードは1830。コーポレートスローガンは「街に笑顔を!!」。

店舗数は高松市を中心に36店舗(2007年11月1日現在)。高松市内の店舗を統廃合した一方、2007年には観音寺市三豊市に進出した。マスコットキャラクターはブルドッグの「サーブ」。

本店営業部の窓口営業時間は18時までで、閉店まで現金の取扱を行っている。その他の支店も16時まで窓口営業を行っている。これは、ゆうちょ銀行への対抗策と思われる。

高松市に本店を置く金融機関として最初に、法人向けインターネットバンキングを提供を開始した。

金庫概要[編集]

  • 基本方針:心のふれあい地域とともにいつもあなたにまごころサービス
  • 出資金 : 1219百万円
  • 預金高 : 3557億円
  • 貸出金 : 1848億円
  • 単体自己資本比率 : 10.31%

(注)2004年3月現在

基幹システム[編集]

  • 信金大阪共同事務センターに加盟し、他の信金と共通のシステムを利用している。

ATM[編集]

  • CDを設置した当初から沖電気工業製を一貫して採用している。
  • 2007年6月1日より時間外手数料を無料化している(他金融機関が幹事となる共同ATMは除く。以下同じ)。
  • 2008年10月1日には、当信金を含む信金大阪共同事務センターに加盟する四国内の9信用金庫(独自のシステムを採用している高知信用金庫を除く)相互間において、ATM時間外手数料の完全無料化を開始した。
  • しんきんATMゼロネットサービスに加入しているため、高知信用金庫並びに他地域のゼロネットサービス加入信用金庫での入出金は、時間外手数料が必要な時間帯を除けば無料である。
  • セブン銀行のATMでも入出金できる。手数料は時間帯にかかわらず1取引105円。(残高照会は無料)香川県に本店を置く金融機関では、百十四銀行香川銀行はセブン銀行と提携していないため利用できず、四国労働金庫香川県信用組合JAバンク、などとともに、取引できる金融機関である。
  • キャッシュカードが発行されている口座では、通帳のみで出金が可能。

沿革[編集]

  • 1949年(昭和24年)5月23日 - 市街地信用組合法により「高松相互信用組合」設立
  • 1951年(昭和26年)10月 - 信用金庫法施行に伴い高松信用金庫に改組
  • 1981年(昭和56年)10月 - 坂出信用金庫と合併
  • 2004年(平成16年) 2月 - さぬき信用金庫(本店:丸亀市)と合併、営業区域を香川県全域とする
  • 2007年(平成19年) 2月 - 預金着服・流用事件が発生し法令遵守態勢が不十分なため、四国財務局から業務改善命令を受ける
  • 2008年(平成20年)10月1日 - 信金大阪共同事務センターに加盟する四国内の9信用金庫において、相互にATM入出金手数料を完全無料化[1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]