高密度焦点式超音波治療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

高密度焦点式超音波治療法(こうみつどしょうてんしきちょうおんぱちりょうほう、High Intensity Focused Ultrasound)とは、超音波を利用し、深部にある癌を治療する治療法である[1]。HIFU(ハイフ)とも呼ばれる[2]

概要[編集]

超音波を一点に集めることにより、その焦点で高いエネルギーを作る[1]。すると焦点部分は90度程度の高温になるのでそれにより癌を破壊する治療法である[2]。焦点部より5mm離れると温度は50度まで下がるため、病巣のみをピンポイントで破壊でき、また超音波を用いるので被曝などのリスクもない、外科手術と違い組織侵襲がないというメリットがある[1]

適応[編集]

前立腺癌が治療効果が最も高く、特に用いられるが腎臓癌膵臓癌への応用も開発されている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 帝京大学泌尿器科
  2. ^ a b 日本HIFU治療ガイド

関連項目[編集]

外部リンク[編集]