高家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

高家(こうけ)とは、格式の高い家、権勢のある家柄のこと。由緒正しい家。名門

概要と歴史[編集]

平安時代前期の太政官符に「王臣家」「勢家」とほぼ同義で「高家」が用いられており、『源氏物語』『今昔物語』などの物語にも名家・権勢家の意での使用が見られる。転じて権威として頼りにするものの意味にも用いられた。鎌倉時代の『保元物語』、室町時代の『太平記』といった軍記物語にも見られ、武士団の中での対比として、由緒ある武士の家柄、名門の武将を指して用いられた。江戸時代には江戸幕府の役職名となった。

また、藩別の例として、紀州藩にも高家職が設置された。

参考文献[編集]

関連項目[編集]