高城幸司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高城 幸司(たかぎ こうじ)
生誕 1964年10月21日
日本の旗 東京都
出身校 同志社大学文学部卒業
職業 株式会社セレブレイン代表取締役社長

高城幸司(たかぎこうじ、1964年10月21日 - )はコンサルタント。株式会社セレブレイン代表取締役社長。

略歴[編集]

東京都生まれ。1987年同志社大学文学部卒業後、リクルート入社。学生時代に上海交通大学に留学。 営業職として記録的なトップセールスに輝き、社内で創業以来歴史に残る「伝説のトップセールスマン」と呼ばれる。また、当時の活躍を書いたビジネス書『営業マンは心理学者』は10万部を超えるベストセラーとなった。

日本初の独立/起業の情報誌アントレの立ち上げに関わり、事業部長、編集長を経験。 2000年に「雇われないで生きよう」を出版。起業・独立のブームを仕掛けて、日本経団連「起業フォーラム委員」や全国の商工会議所や各県の起業支援活動を行った。経済産業省により施行された最低資本金規制の特例措置(1円起業とも騒がれた)プロモーションとして行われたドリームゲートプロジェクトの責任者。

2005年リクルート社を退職。人事コンサルティング会社を始め3社の会社を経営。ベンチャー企業の支援、大企業向けビジネスマッチング事業など立ち上げる。ビジネス書著者としても活動。

経営者[編集]

人事戦略コンサルティング会社を大手企業の人事部長と設立。企業の人事評価制度の構築・人材育成・人材紹介を事業としている。

ビジネス書作家[編集]

1990年代から営業マン関連・マネージメント関連の著書多数あり「リクルート式仕事術」を1999年に出版。サラリーマン時代より「営業マンは心理学者」など執筆。ビジネス書を執筆する著者との親交も深く、本田直之などベストセラー著者とビジネス書の会合を立ち上げる。「仮説力が営業を変える」がビッグコミックの原作にも使われ、本人がマンガで登場した。

趣味[編集]

趣味は日本酒で テレビ朝日の「人気者で行こう」では利き酒の師匠として出演。きき酒師の協会(日本酒サービス研究会)の事理をつとめ、名誉利き酒師の任命にも関わる。他にソムリエ・焼酎アドバイザーなど食に関する資格を取得。 関連会社ではフランスレストランや、ワインの輸入商社を経営。また、テレビ東京「メデューサの瞳」にレギュラー出演。特番では芸能人・文化人との対決で総合2位になる。

主な著書[編集]

  • 『できる人の超★仕事術』中経出版
  • 『上司につける薬』講談社
  • 『営業マンは心理学者』PHP ※10万部を超えるベストセラー
  • 『雇われないで生きよう』PHP
  • 『人を見抜く黄金律』PHP
  • 『法人営業のすべてがわかる本』日本能率協会マネジメントセンター
  • 『ニューリッチの成功法則』東洋経済新報社
  • 『営業力SG検定』日本実業出版※任天堂のDSとなる
  • 『日本酒がこんなにおいしいなんて』技術評論社
  • 『リクルートで学んだ「この指とまれ」の起業術 』日本経済新聞社
  • 『仕事は上司との関係が9割! できる人は上司にモテる』マガジンハウス
  • 『稼げる人、稼げない人』PHP
  • 『仕事の9割は世間話』日経新聞社

主な出演番組[編集]

連載記事・エッセイ[編集]

サイト関連[編集]

雑誌連載[編集]

プレジデント、クロワッサン、企業実務、他多数

外部リンク[編集]

メールマガジン