高僧伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

高僧伝』(こうそうでん)とは、一般名詞として、高僧の伝記、あるいは列伝を指して言う場合もあるが、固有名詞としては、中国慧皎497年 - 554年)の撰した中国伝来以来、梁代までの高僧の伝記を集めたものを指す。全14巻、519年天監18年)成立。また「梁高僧伝梁伝)」ともいう。

概要[編集]

慧皎以前にも、梁の宝唱撰の「名僧伝」のように数種の僧伝が既に存在していたが、慧皎は、それら先行する類書の編集方針に満足できず、自ら新たに「高僧伝」を撰しようと思い立ったと、巻末に収められる自序において述べている。具体的には、「名僧伝」等は、世間で有名な僧、あるいは著名な僧の伝記を集めている。しかし、仏教の教えの観点から言えば、たとえ無名であっても、すぐれた僧、高僧は居る筈である。そういった僧の伝記が失われてしまうのを恐れて、「高僧伝」という名を立て、また、その観点から見て相応しいと判断した僧の伝記を収録した、と述べているのである。

収録されるのは、後漢永平10年(67年)から、梁の天監18年(519年)までの453年間に及ぶ期間の高僧257名と、附伝243名の伝記である。

十科分類[編集]

また、慧皎は本書を撰するに当たって、新たに十科分類を立てた。すなわち、

  1. 訳経
  2. 義解
  3. 神異
  4. 習禅
  5. 明律
  6. 亡身
  7. 誦経
  8. 興福
  9. 経師
  10. 唱導

である。この十科分類は、その名称には変遷が見られるが、その後の道宣の『続高僧伝』、賛寧の『宋高僧伝』等の高僧伝類に受け継がれることとなる。また、十科分類とは言っても、後代の場合とは異なり、この時代では、その大半は「訳経」と「義解」に分類される僧たちによって占められていた。

テキスト[編集]

参考文献[編集]

続篇に、唐高僧伝索引(上中下)、宋高僧伝索引(上中下)、大明高僧伝索引
  • 『中国の古典 高僧伝 仏陀とともに』 中嶋隆蔵編訳 (講談社1989年
  • 『大乗仏典 中国・日本篇14』 諏訪義純、中嶋隆蔵訳 (中央公論社1991年
梁高僧伝・続高僧伝・宋高僧伝を所収-上記2冊ともに抄訳版