髑髏杯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

髑髏杯(どくろはい)は、ヒト頭蓋骨を材料として製作されたである。


中央ユーラシア[編集]

紀元前8世紀紀元前3世紀にかけて現在のウクライナに割拠した遊牧民族スキタイの習俗に「頭蓋骨は近親者か最も憎い敵に限り、髑髏を眉の下で切り牛の生皮を貼って杯として用いる」[1]とあり、これが最も古い髑髏杯の記録だと思われる。

大プリニウスは『博物誌』に、ドニエプル川の北方部族が髑髏杯を用いる事や、夜間に泉から汲んだ水を髑髏に入れて患者に飲ませるという癲癇の治療法を記している。

イッセドネス人は親の葬儀で喜びを表し、集まって祝祭を催す。そして故人の遺体を引き裂いて家畜の胎児の挽き肉と混ぜ合わせ、宴に来た人々にふるまい、食べつくす。頭蓋骨は磨き上げて黄金を巻き、杯に使う。これらの行為はイッセドネス人における最大の親孝行であるという。[2]

紀元前2世紀モンゴル高原に割拠した遊牧国家匈奴老上単于は、隣国(敦煌付近)である月氏の王を討ち取り、その頭蓋骨を盃にした。以後、この髑髏杯は代々受け継がれ大事な時に使用された。[3]

516年高車王の弥俄突(在位:508年 - 516年)は柔然可汗醜奴(在位:508年 - 520年)と戦い敗北した。醜奴はその両脚を駑馬の上に繋いでこれを殺し、その頭蓋骨に漆を塗って盃とした。[4]

567年、ランゴバルド王国アルボイーノ王はパンノニアのゲピド族を虐殺し、ゲピド王クニムンド英語版の頭蓋骨で杯を作って祝った。またクニムンドの娘ロザムンダ英語版Rosmunda)を妻としてその髑髏杯を与えた。

811年プリスカの戦いで戦死した東ローマ帝国皇帝ニケフォロス1世は、その頭蓋骨を髑髏杯にされて第一次ブルガリア帝国の皇帝クルムに献上された。

971年キエフ大公スヴャトスラフ1世(在位:945年 - 972年)はブルガリアに侵攻して大打撃をあたえ、その地に居座ろうとした。しかし、これを脅威と感じた東ローマ帝国はキエフ・ルーシを追い払うべく、ペチェネグを使ってキエフ・ルーシ軍を壊滅させ、スヴァトスラフ1世を戦死させた。この時ペチェネグはスヴァトスラフ1世の頭蓋骨を盃にした[5]

1510年サファヴィー朝シャー・イスマーイール(在位:1501年 - 1524年)はシャイバーニー朝ムハンマド・シャイバーニー・ハーン(在位:1500年 - 1510年)を討ち取り、その頭蓋骨に金箔を塗って盃にした。

インド[編集]

インドのヴェーターラ(屍鬼)信仰では髑髏杯に血を注いで捧げ物とする。11世紀にインドの詩人ソーマデーヴァに依って著された『屍鬼二十五話』にも髑髏杯で血を飲む婆羅門鬼の話が含まれている。

中国[編集]

戦国策』によれば、趙無恤がその敵智瑶の頭部をさかずきにしたという。

呉元甫も髑髏杯を常用したという。

チベット[編集]

チベットのラマ僧はカパーラという髑髏杯を宗教儀式に使う。

日本[編集]

天正二年(1574年)1月1日、織田信長が、前年討ち取った浅井久政長政及び朝倉義景の髑髏にを塗ったものを馬廻衆との宴に披露したと『信長公記』にあるが、『浅井三代記』ではこれらの髑髏を杯にしたとある。

『玉山遺稿』によれば、江戸時代の漢詩人高野蘭亭は、鎌倉で大館次郎の墓をあばき、髑髏杯を製したという。

徳川光圀は髑髏杯を所有していたという。これは少年時代に刑場からたずさえてきた罪人の首級であるとも、某忠臣の首級であるともいう。

今昔物語集に、天竺では釈迦を脅す天魔の2姉妹が髑髏杯を持っていると綴られている。

その他[編集]

北欧神話の『ヴェルンドの歌』に登場するヴェルンドは、自分を捕らえたうえに膝の腱を切ったスウェーデン王ニーズズへの復讐として、王の2人の息子を殺すとその頭蓋骨を銀で葺いて杯を作り、それと知らない王に贈ったという。

脚注[編集]

  1. ^ ヘロドトス歴史
  2. ^ ポンポニウス・メラ『世界地理』《飯尾 1999,p513》
  3. ^ 『漢書』「匈奴伝」、『史記』「張騫列伝」
  4. ^ 『魏書』、『北史』
  5. ^ ロシア古代中世史 彼らはスヴャトスラーフの頭蓋骨から金箔の酒杯をつくって戦勝を祝ったという。

参考資料[編集]