骨細胞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Transverse Section Of Bone.png

骨細胞(こつさいぼう、星型細胞、:osteocyte)は、において90-95%を占めるとされ、最も大量に存在する細胞である。

骨細胞には核が存在し、成熟した骨細胞においては一般的に小胞体、ゴルジ装置などのオルガネラの発達は緩慢である。 骨芽細胞が、自らが分泌した骨基質に埋め込まれていく過程で、骨細胞が形成される。すなわち骨細胞と骨芽細胞の由来は同じ細胞なのである。

骨細胞は細胞質を長く伸ばし、互いに樹状に結合している。 細胞の樹状突起は骨細管 canaliculaeと呼ばれるトンネル様構造に存在し骨細管は液体成分と骨細胞の突起で満たされている。古くから、骨細管内の液流によって、栄養分と老廃物が交換されると考えられている。骨細胞が存在する場所は、ラテン語で lacuna「空白」と呼ばれている。

骨細胞は、無数のlacunaとcanaliculaeのつながりによって、骨内に lacuno-canalicular networkを形成しており、様々な物質の輸送を行うばかりか、骨表面の骨芽細胞や破骨細胞とも細胞間コミュニケーションを行っていると考えられてきた。

また、骨細胞はいろいろな機械刺激に対して細胞間の物質の交換を活発に行っているといわれている。 近年では機械的刺激応答におけるメカニズムは特に米国、北欧、オーストラリア、中国、そして日本の研究者たちにより急速に解き明かされつつある。 骨細胞は、osteocytic osteolysis(en)と呼ばれる破骨細胞と比較して急速かつ一時的なメカニズムにより、骨代謝に大きくかかわることが知られるが、詳細については現在様々な研究者たちがそのメカニズムを解析している最中である。

骨芽細胞や骨細胞は、ヒドロキシアパタイト炭酸カルシウムリン酸カルシウムが細胞のまわりで沈澱することにより、間充織で発達する。

外部リンク[編集]