骨盤腹膜炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

骨盤腹膜炎こつばんふくまくえん)は、骨盤内炎症性疾患(Pelvic inflammatory disease : PID)ともいわれ、クラミジア・トラコマチス(Chlamydia trachomatis)、淋菌などの微生物により発生する感染症である。性行為感染症 (STD)の一種でもある。 [1]

原因[編集]

から上記微生物が侵入し、子宮卵管を経由して腹腔内に到達、骨盤内にて腹膜炎症を起こすためこの名がある。従って女性にしか発生しない。

感染経路[編集]

性交との関連性が強く、通常初経前、閉経後、妊娠中には発症しない。 初体験年齢の低下に伴って若年層にも増加している。[2]

症状[編集]

下腹痛、発熱帯下、不正性器出血、性交時痛等が見られる。 腸管系の疾患と異なり、下痢は伴わない。 また、膀胱炎と異なる点は血尿、膿尿を伴わないことである。

治療[編集]

原因により異なる。婦人科に受診し、原因微生物によって抗生物質を選択し投与することとなる。

予防[編集]

性交をしないことが最大の予防となる。

コンドームの使用には一定の予防効果がある。(100%ではない)

経口避妊薬には予防効果はない。

脚注[編集]

  1. ^ メルクマニュアルオンライン 「骨盤内炎症性疾患」[[1]]
  2. ^ 滋賀県HP[2]

関連項目[編集]