骨灰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

骨灰(こつばい、こっかい)[1]は、動物からにかわ脂質を除いたあと、高温で焼くことによって作られる、白い粉末状の。主成分はリン酸カルシウムである。

用途としては、リン酸の生成の原料、リン酸の肥料の原料、ベーキングパウダーの原料、人間食料としての栄養を補助するサプリメント研磨剤ボーンチャイナの原料などに使われる。また、成分を調べたい鉱石などを骨灰で作ったに乗せて高温で熱することにより試金を行なうといった用途もある。動物の骨ではなく、化学的に合成されたリン酸カルシウムが骨灰の代わりに使われることもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【骨灰/粉灰】(こっぱい)は別義。この意味では使わない。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]