骨密度測定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

骨密度測定(こつみつどそくてい)とは、X線超音波等を使って、骨密度を測定すること。骨塩定量検査ともいう。 MD法、DXA法など幾つかの方法がある。測定方法により、測定対象部位も腰椎大腿骨頸部中手骨橈骨踵骨などと異なっている。

測定方法[編集]

  • MD(Microdensitometry)法 (CXD(Conputed X-ray densitometer)法又はDIP(Digital Image Processing Method)法)

 DIP:Digital Image Processing、MD法の一種で、左手のX線撮影を実施し、人差し指の第2中手骨の皮質骨における陰影度とアルミスロープの陰影度を比較して、骨密度を算出する測定方法

  • DXA又はDEXA(dual-energy X-ray absorptiometry)法 (デキサ法、二重エネルギーX線吸収測定法)
  • QCT(quantitated computed tomography)法 (定量的CT法)
  • QUS(Quantitative Ultrasound)法 (超音波骨密度測定法)

関連項目[編集]