騎兵第1旅団 (日本軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
騎兵第1旅団
Narasinokihei,Narasino.jpg
習志野騎兵旅団全景。一番手前は陸軍病院、隣のブロックが騎兵13・14連隊、街道を挟んだ奥が騎兵15・16連隊。
創設 1902年明治35年)
廃止 1942年昭和17年)10月
所属政体 Flag of Japan.svg大日本帝国
所属組織 大日本帝国陸軍
部隊編制単位 旅団
兵科 騎兵
兵種/任務/特性 自動車化歩兵(1939~)
所在地 日本-満州-日本-満州-北支
編成地 習志野
最終位置 北支
主な戦歴 日露戦争-満州事変-日中戦争-第二次世界大戦
テンプレートを表示

騎兵第1旅団 (きへいだいいちりょだん)は、現在の千葉県船橋市三山および習志野市大久保地区に、かつてあった騎兵旅団である。「騎兵の町・軍郷習志野」を象徴する存在の1つである。

概要[編集]

旅団は旅団司令部騎兵第13連隊及び騎兵第14連隊によって構成されており、平時は近衛師団に属し近衛騎兵連隊を隷下に加えられていた(※両騎兵連隊の編制は平時は5中隊、戦時は4中隊)。日露戦争の折には、秋山好古旅団長の指揮下で秋山支隊の基幹部隊となり、当時最強と言われたロシア帝国コサック騎兵部隊を撃破するなど大いに活躍したことで有名である。この出来事は習志野の地名を全国に広めるきっかけとなった。「騎兵の町・軍郷習志野」を象徴する存在の一つ。なお、現在、騎兵13連隊跡地には東邦大学習志野キャンパスが、そして14連隊跡地には、日本大学生産工学部津田沼キャンパスが立地している。旅団司令部、連隊司令部跡地は八幡公園になっており、1976年に建立された『習志野騎兵旅団発祥の地』の碑がある。

沿革[編集]

  • 1899年(明治32年) 習志野の高津廠舎を仮兵舎として発足。
  • 1901年(明治34年)
    • 11月20日 旅団司令部が千葉郡津田沼村大字大久保新田の騎兵第13連隊営内に開庁し事務を開始[1]
    • 12月19日 騎兵第13連隊・騎兵第14連隊に軍旗が授与。
  • 1902年(明治35年) 大久保にて編成完了。
    • 4月2日 旅団司令部が津田沼村大字大久保新田の新築舎に移転[2]
  • 1923年(大正11年) 軍備整理により1個中隊を減じ、平時4個中隊となる。
  • 1932年(昭和7年)6月 満州事変出動時には旅団機関銃隊(1中隊16丁)、騎砲兵中隊(4門)を加えて戦時編制を整備。さらに別に試験として装甲自動車中隊(装甲車7両、自動貨車若干)を加える。両連隊は留守隊として各1中隊を内地に残し3中隊編制で出動。
  • 1933年(昭和8年) 装甲自動車中隊は正式に編制化され旅団自動車隊となる。騎兵第1旅団、騎兵第4旅団を統合して騎兵集団を編成。
  • 1934年(昭和9年) 満州常駐部隊となり留守隊は廃止され、これを招致して両連隊は4個中隊となる。
  • 1935年(昭和10年) 旅団の騎砲兵中隊及び装甲自動車中隊は騎兵集団の直轄となる。
  • 1936年(昭和11年) 編制改正により両騎兵連隊に機関銃中隊が新設される。
  • 1938年(昭和13年)6月 北支に出動。
  • 1939年(昭和14年)2月 騎兵集団司令部と共に蒙彊に移る。10月、旅団各隊は自動車編成に改編、更に騎兵第71連隊(自動車編成の4中隊・機関銃中隊)が増加される。
  • 1942年(昭和17年)10月 旅団解隊。各部隊は戦車第3師団の部隊に改編される。

歴代旅団長[編集]

歴代騎兵第1旅団長(少将)
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
1 渋谷在明 1901年11月3日 - 1903年4月2日 士候旧2期
陸大2期
陸軍騎兵実施学校長 騎兵監
2 秋山好古 1903年4月2日 - 1906年2月6日 士候旧3期
陸大1期
支那駐屯軍守備司令 騎兵監
3 本多道純 1906年2月20日 - 1909年4月1日 士候旧5期 騎兵第16連隊長 騎兵第3旅団長
4 河野政次郎 1909年4月1日 - 1912年4月26日 士候旧7期 騎兵第14連隊長 待命
5 永沼秀文 1912年4月26日 - 1917年8月6日 士候旧8期 騎兵第13連隊長 待命
6 稲垣三郎 1917年8月6日 - 1918年8月19日 士候2期
陸大13期
参謀本部 浦塩派遣軍参謀
7 田村守衛 1918年8月19日 - 1921年7月20日 士候5期
陸大15期
陸大幹事 陸軍騎兵学校長
8 小畑豊之助 1921年7月20日 - 1924年12月15日 士候7期
陸大18期
騎兵第1連隊長 軍馬補充部本部長
9 宮内英熊 1924年12月15日 - 1927年4月1日 士候10期
陸大20期
第7師団参謀長 近衛師団司令部附
10 柳川平助 1927年4月1日 - 1929年8月1日 士候12期
陸大24期
参謀本部演習課長 陸軍騎兵学校校長
11 梅崎延太郎 1929年8月1日 - 1930年12月22日 士候12期
陸大22期
陸軍騎兵学校校長 軍馬補充部本部長
12 吉岡豊輔 1930年12月22日 - 1932年8月8日 士候12期 軍馬補充部本部長[3] 騎兵監 32.8.7中将
13 高波祐治 1932年8月8日 - 1933年12月20日 士候15期
陸大25期
騎兵第2旅団長 近衛師団司令部附
14 中山蕃 1933年12月20日 - 1936年3月7日 士候16期
陸大25期
騎兵監部附 軍馬補充部本部長
15 黒谷正忠 1936年3月7日 - 1937年3月1日 士候18期
陸大31期
軍馬補充部高級部員 待命
16 野澤北地 1937年3月1日 - 1938年3月1日 士候17期[4][5] 軍馬補充部部員 軍馬補充部本部長
17 大賀茂 1938年3月1日 - 1939年9月12日 士候21期
陸大30期
陸軍騎兵学校幹事 陸軍騎兵学校長
18 片桐茂 1939年9月12日 - 1940年12月2日 士候25期
陸大36期
陸軍騎兵学校附 騎兵監部附
19 栗林忠道 1940年12月2日 - 1941年9月16日 士候26期
陸大35期
騎兵第2旅団長 第23軍参謀長
20 森茂樹 1941年9月19日 - 1943年7月14日 士候28期
陸大39期
中部軍参謀 馬政局次長 大佐
41.10.15.少将

各連隊歴代部隊長[編集]

第13連隊[編集]

  • 聯隊長
    • 第1代 田村久井 騎兵大佐:1900年4月25日 - 1904年9月21日
    • 第2代 小池順 騎兵中佐:1904年 - 1906年2月24日
    • 第3代 永沼秀文 騎兵大佐:1906年3月16日 - 1909年9月25日
    • 第4代 牧野正臣 騎兵中佐:1909年9月25日 - 1912年8月5日
    • 第5代 渡部為太郎 騎兵中佐:1912年8月5日 -
    • 第6代 南次郎 騎兵中佐:1914年1月20日 - (15年8月10日大佐)
    • 第7代 高須一万太郎 騎兵大佐:1917年8月6日 - 1918年9月17日
    • 第8代 土屋篤 騎兵大佐:1918年9月17日 - 1923年8月6日
    • 第9代 原田宗一郎 騎兵大佐:1923年8月6日 - 1926年3月2日
    • 第10代 宇佐美興屋 騎兵大佐:1926年3月2日 -
    • 第11代 中山蕃 騎兵大佐:1928年5月30日 - 1929年12月10日
    • 第12代 山内保次 騎兵大佐:1929年12月10日 -
    • 第13代 星松尾 騎兵大佐:1932年8月8日 - 1934年3月5日
    • 第14代 和田義雄 騎兵大佐:1934年3月5日 - 1936年3月7日
    • 第15代 横田卓二 騎兵大佐:1936年3月7日 - 1938年3月1日
    • 第16代 猪木近太 騎兵大佐:1938年3月1日
    • 第17代 小原一明 騎兵中佐:1938年3月1日 - 1940年7月8日(38年7月15日大佐)
    • 第18代 山崎武四 中佐:1940年7月8日 - 1942年6月26日(40年8月1日大佐)
    • 第19代 加島起巳 大佐:1942年6月26日 - 1942年12月

第14連隊[編集]

  • 連隊長
    • 第1代 豊辺新作 騎兵大佐:1901年6月20日 - 1906年2月23日(02年4月17日大佐)
    • 第2代 河野政次郎 騎兵大佐:1906年2月23日 - 1909年4月1日
    • 第3代 安藤直康 騎兵中佐:1909年4月1日 - 1912年1月13日
    • 第4代 岩谷竜太郎 騎兵大佐:1912年1月13日 - 1913年8月22日
    • 第5代 小崎正満 騎兵中佐:1913年8月22日 - 1915年6月5日
    • 第6代 中屋新吉 騎兵中佐:1915年6月5日 - 1916年4月1日
    • 第7代 太田黒竜亮 騎兵中佐:1916年4月1日 -
    • 第8代 福田義弥 騎兵中佐:1918年7月24日
    • 第9代 松井五郎 騎兵大佐:1918年4月1日 -
    • 第10代 野崎準一 騎兵大佐:1923年8月6日
    • 第11代 長沢郁五郎 騎兵中佐:1924年2月5日
    • 第12代 益田真一 騎兵大佐:
    • 第13代 石田真七 騎兵大佐:1925年12月2日 - 1928年8月10日
    • 第14代 遊佐幸平 騎兵中佐:1928年8月10日 - 1930年8月1日
    • 第15代 河野健息 騎兵中佐:
    • 第16代 斉藤義次 騎兵中佐:1933年3月1日 - 1933年8月1日
    • 第17代 熊野利助 騎兵大佐:1933年8月1日 - 1935年12月2日
    • 第18代 小畑英良 騎兵大佐:1935年12月2日 - 1937年8月2日
    • 第19代 秋山秀 騎兵大佐:
    • 第20代 小林一男 騎兵中佐:1937年8月2日 - 1939年12月21日(戦死)(39年3月9日大佐)
    • 第21代 須藤研治 大佐:1940年1月6日 - 1941年10月15日
    • 第22代 渡部富士雄 大佐:1941年10月15日 - 1942年12月1日

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第5520号、明治34年11月26日。
  2. ^ 『官報』第5623号、明治35年4月7日。
  3. ^ [『陸軍現役将校同相当官実役停年名簿』(昭和10年9月1日調)]30頁
  4. ^ 福川秀樹『日本陸海軍人名辞典』芙蓉書房出版
  5. ^ 『陸軍現役将校同相当官実役停年名簿』( 昭和10年9月1日調)677頁

関連項目[編集]

参考文献[編集]