馬鹿苗病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タマカビに感染した綿花

馬鹿苗病(ばかなえびょう)とは、主にイネの菌類による感染症の一種である。

症例[編集]

菌に感染した苗は、著しく徒長し、正常な固体のほぼ2倍に達し、葉色は薄く、節間は長く倒れやすい個体となる。また分蘖(ぶんけつ)も僅かとなり、収穫に悪影響を及ぼす。主にイネに見られるが、まれにトウモロコシに感染し発症することもある。

原因と予防策[編集]

病原体は、イネ馬鹿苗病菌Gibberella fujikuroi)という子嚢菌の一種で、その胞子が開花した種籾に付着することで、幼苗の発芽と同時に胞子が発芽し、植物を成長促進するホルモン(ジベレリン)を分泌することによって、上記の症例を発するメカニズムとなっている。

予防するには、種籾時点での殺菌が有効である(食塩水で種籾を選り分ける方法もある)。殺菌剤にはペフラゾエートプロクロラズ等のEBI剤が主として用いられるが、熱湯で殺菌する方法も行われている。なお、従来用いられてきた殺菌剤のベノミルチウラムは耐性菌の増加により使われなくなりつつある。

ジベレリンの有効利用[編集]

ジベレリンはもともと広く植物の体内で合成される成長ホルモンの一種であり、多くの種類が存在する。植物にとって摂取過多となることは害であるが、成長には必須な、植物ホルモンの一種である。従って、病原体を培養してジベレリンを精製し、花卉や野菜の生長促進(及びぶどうの種無し処理)に積極利用されることもある。

出典[編集]

  • 『世界原色百科事典』7巻(馬鹿苗病)
  • 『日本大百科全書』(馬鹿苗病)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]