馬遠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山径春行図 故宮博物院

馬遠(ば えん、生没年不詳)は、南宋の画家。は遙父。は欽山。当時において夏珪と並ぶ院体画の代表的な画家。

略歴[編集]

本貫は河中(山西省永済市)。銭塘杭州市)に住み、光宗寧宗の時代(1189年-1224年)に画院侍詔(宮庭画家)として活動した。画家の一族で、曽祖父馬賁、祖父馬興祖、伯父馬公顕、父馬世栄、兄馬逵、子馬麟、みな画院の画家だったことから「馬一族は五代に渡ってみな画手である」と記されており、山水人物花鳥画どれも画院中第一と評された。

李唐劉松年夏珪と並んで南宋四大家の一人とされる。夏珪と同様に、山水を描く際に画の一角のみに風景を描いて、広い余白を設けた(「辺角の景」)。

作品[編集]

風雨山水図

伝馬遠作品[編集]

  • 『風雨山水図』 (東京静嘉堂文庫) 1幅 絹本墨画淡彩 国宝 - 馬遠だけでなく夏珪の画風も認められることから、両者に後れた時代の作と考えられるが、現在馬遠の真筆が極僅かであり、南宗画院の作風や秀逸な水墨技法を今に伝える絵として貴重。
  • 寒江独釣図』 (東京国立博物館) 1幅 絹本墨画淡彩 重要文化財
  • 山水図』 (MOA美術館) 1幅 絹本墨画淡彩 重要文化財
  • 『山水図』 (大徳寺龍光院) 1幅 絹本墨画淡彩 重要文化財

関連項目[編集]

参考資料[編集]