馬毛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鬣は尾毛よりも、短くて柔らかい
は尾毛よりも、短くて柔らかい
馬の尾毛
馬の尾毛
鬣付きの竜騎兵ヘルメットを着用するルイ・ボナパルト(ナポレオン・ボナパルトの弟)

馬毛(うまげ[1]: Horse Hair)は、のことをいい、動物繊維の一種である。

他の動物繊維とは異なり、体全体の毛ではなく、(たてがみ)・毛のみを指すことが多い。

用途[編集]

ブラシ類
楽器
調理道具
  • 「裏ごし器」の網部分に使用[3]
ファッション
  • 馬巣織(ばすおり) - 縦糸に糸、横糸に馬の尾毛を用いた織物で、襟芯・胸芯などの部分に[4]、洋服に堅さを出すために使用[5]。ホースヘア・クロス(Horse hair cloth)ともいう[6]
  • ホースヘア・ブレード - 形を固定する用途で、スカートの裾や、帽子にあしらう。
その他

脚注[編集]

  1. ^ 工業用ブラシ用語辞典 馬毛 - 野宮産業株式会社
  2. ^ クサカベ水彩筆 - 株式会社クサカベ
  3. ^ 和道具 和の味馬毛の裏ごし器 - NHK出版「きょうの料理」 2011年3月号
  4. ^ ばすおり【馬巣織(り)】の意味 - goo辞書(デジタル大辞泉)
  5. ^ 『フェアチャイルド ファッション辞典』(1992年、鎌倉書房 p.287)
  6. ^ 『最新 図解服飾用語事典』杉野芳子(1986年、鎌倉書房)
  7. ^ 古くは人毛を用いていたが、管理面の難しさから、馬の毛に取って代わったという。  能楽トリビア Q.27「能面の毛の原材料は?」 - the能com 2008年4月25日

外部リンク[編集]

関連項目[編集]