馬息嶺スキー場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
馬息嶺スキー場
所在地 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮江原道
座標 北緯39度3分44秒
東経127度15分4秒
座標: 北緯39度3分44秒 東経127度15分4秒
標高 1,360 m / - m
コース面積 1,400ha
馬息嶺スキー場
各種表記
ハングル 마식령 스키장
漢字 馬息嶺스키場
発音 マシンリョンスキジャン
日本語読み: まそくれいスキーじょう
MR式
2000年式
英語
Masingryŏng sŭk'ichang
Masingryeong seukijang
Masikryong Ski Resort
テンプレートを表示

馬息嶺スキー場(マシンリョンスキーじょう[1]朝鮮語마식령 스키장)は、朝鮮民主主義人民共和国江原道元山市法洞郡の境にある馬息嶺に建設された大規模なスキー場である。全距離は110kmにも達する。

このスキー場の建設に伴い、北朝鮮当局は馬息嶺速度(마식령속도)という語句を盛んにスローガンに取り入れるようになった。当局は、これまでに驚異的な速さで進められた事業にちなんでその速さを「千里馬速度」「平壌速度」「熙川速度」などと表現してきたが、今回の「馬息嶺速度」の場合もその建設の速さをアピールする狙いがあるとされる[2]朝鮮労働党機関紙労働新聞2013年6月5日に、「馬嶺息速度」で造成を加速し2013年中に完成させるよう求めた金正恩第1書記の「アピール文」を1面に掲載するなど、国家建設の象徴と位置づけられている[3]在日本朝鮮人総聯合会機関紙朝鮮新報2013年6月28日に、「最近朝鮮のメディアに「馬息嶺速度」という言葉が使われない日がない」と報じた[2]

2013年7月、梅雨前線の活発化によってスキー場の建設現場が集中豪雨に見舞われた。その際、工事現場の一部が破壊され数百人もの死傷者が出たとの情報が北朝鮮国内の消息筋から寄せられた[4]。さらに北朝鮮による海外からのリフトスキー用品の調達を阻止すべく、日本非政府組織によるロビー活動が行われた[5][6]。また、スイスなど欧州各国は、スキー場の整備に必要な機器の輸出制限を検討した。

報道によると、総延長110kmで、最高地点は海抜1360m。スケート場やホテルなどの関連施設も整備されている[7]。2013年8月の段階では、斜面を切り開き滑走コースを造成する映像が配信されていたが、同年12月には大型リゾートホテルの外観が報道されるなど、施設が急速に建設、整備されつつあることが示されている[8]

2013年12月31日、スキー場がオープン。開場式には金正恩第1書記のほか崔龍海金己男らが出席し、金正恩は自らリフトに乗ってスキー場を視察した。スキー場の様子はすぐさま世界で報道された。その映像には、スウェーデン・アレコ社製の人工降雪機やカナダ・ボンバルディア社製のスノーモービルなどが写っているが、各社は輸出を否定。中古を市場から調達したものと考えられている[9]。さらに翌年1月9日には元NBA選手のデニス・ロッドマン[10]、同月14日には参議院議員のアントニオ猪木が相次いでスキー場を訪問した[11]

脚注[編集]

[ヘルプ]