馬偕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
馬偕

馬偕(台湾語: Má-kai, 北京語ウェード式: Ma-chie ピン音:Majie、 1844年3月21日 - 1901年6月2日)は、スコットランドカナダ人の宣教師医者教育者で、本名はジョージ・L・マッケイ(George Leslie Mackay)。正式な漢文氏名偕叡理だが、通称「馬偕」または「馬偕博士」。

1871年にカナダ長老派教会ミッションとして台湾へ移住し、翌年より淡水鎮を中心にキリスト教の宣教を始めた。そして1880年までの間に淡水・五股苗栗台北基隆新竹などに二十以上の教会を設立した。その後も宜蘭花蓮などの台湾原住民の居住地へ赴き、台湾北部を積極的に布教を行った。台湾南部を同様に医療宣教をしたジェームズ・マックスウェル師(James Laidlaw Maxwell、中国語名:馬雅各)と共に、台湾基督長老教会の生みの親。

1878年に台湾女性の張聡明と結婚。

キリスト教の布教以外にも医療活動や教育活動にも熱心で、1882年には現在の馬偕病院の前身である滬尾偕醫館を設立。また、同年に北部台湾で初めての西洋式教育を行う学校、牛津學堂(Tamsui Oxford College、現在の真理大学)を創設。二年後の1884年には女性教育のための女學堂を創設し、台湾の女子教育のさきがけとなった。

牛津学堂

1896年には当時の台湾総督であった乃木希典の訪問を受ける。

1901年6月2日、のため淡水の自宅で死去。

台湾における医療への貢献度は高く、今もなお、キリスト教徒以外の台湾人からも「馬偕博士」と呼ばれ、親しまれている。

関連項目[編集]