馬下駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
馬下駅
駅舎(2004年9月)
駅舎(2004年9月)
まおろし - Maoroshi
咲花 (2.8km)
(3.5km) 猿和田
所在地 新潟県五泉市馬下[1]
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 磐越西線
キロ程 158.4km(郡山起点)
電報略号 マロ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線[2]
開業年月日 1910年明治43年)10月25日[1]
備考 無人駅[2](自動券売機 有)
1番線・津川方にある、煉瓦造りのランプ小屋

馬下駅(まおろしえき)は、新潟県五泉市馬下にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)磐越西線である[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ[2]地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。

新津駅管理の無人駅となっている。自動券売機が設置されている。駅舎は待合室の機能のみ。

のりば[編集]

1 磐越西線(下り) 五泉新津方面
2 磐越西線(上り) 野沢喜多方会津若松方面
3 磐越西線 当駅始発
  • 当駅から会津若松方面は列車の本数が少なくなる[2]

駅周辺[編集]

周辺は馬下地区の集落。駅前右手に喫茶店がある。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
磐越西線
快速「あがの」(上り)
咲花駅馬下駅五泉駅
普通  快速「あがの」(下り)
咲花駅 - 馬下駅 - 猿和田駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d JR東日本:各駅情報(馬下駅)”. 東日本旅客鉄道. 2014年10月26日閲覧。
  2. ^ a b c d 『週刊JR全駅・全車両基地』第50号、朝日新聞出版、2013年8月4日、 26頁、2014年10月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]