香納諒一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
香納 諒一
(かのう りょういち)
誕生 1963年1月16日(51歳)
神奈川県横浜市
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1991年 -
ジャンル ハードボイルド
代表作 幻の女』(1998年)
贄の夜会』(2006年)
主な受賞歴 織田作之助賞佳作入選(1990年)
小説推理新人賞(1991年)
日本推理作家協会賞(1999年)
処女作 ハミングで二番まで』(短編作品
公式サイト 香納諒一執筆日記
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

香納 諒一(かのう りょういち、1963年昭和38年)1月16日 - )は、神奈川県横浜市出身の日本小説家

来歴[編集]

1963年横浜市で生まれる。

早稲田大学文学部を卒業した後、出版社に勤務。編集者としての仕事の傍ら小説を執筆し、1990年に『影の彼方』で第7回織田作之助賞佳作入選を果たす。

その後1991年に『ハミングで二番まで』で第13回小説推理新人賞を受賞し小説家としてデビュー、翌1992年には初の長編作品である『時よ夜の海に瞑れ』を発表する。

その後も執筆活動を続け、1999年には『幻の女』で第52回日本推理作家協会賞を受賞。また2007年には『贄の夜会』が『このミステリーがすごい!』ランキングの7位にランクインした。

作風[編集]

デビュー当初から主にハードボイルド系の作品を発表しているが、近年では作風の広がりを意識した作品が発表されている。本人もインタビューで「サスペンスやスリラー的な作品以外にも、これから自分で書いていきたい方向性がある」と発言しており、特に『ガリレオの小部屋』(短編集『ガリレオの小部屋』収録)はその第一歩として明確に意識して書いたとのこと[1]

ミステリ・ランキング[編集]

週刊文春ミステリーベスト10[編集]

このミステリーがすごい![編集]

  • 1996年 - 『梟の拳』18位
  • 1997年 - 『ただ去るが如く』20位
  • 1999年 - 『幻の女』6位
  • 2007年 - 『贄の夜会』7位、『冬の砦』20位
  • 2012年 - 『心に雹の降りしきる』9位

著書[編集]

単行本[編集]

警視庁歌舞伎町特別分署K・S・Pシリーズ[編集]

  • 孤独なき地(2007年3月 徳間書店 / 2010年2月 徳間文庫
  • 毒のある街(2008年9月 徳間書店 / 2011年4月 徳間文庫)
  • 噛む犬(2011年1月 徳間書店 / 2012年10月 徳間文庫)
  • 女警察署長(2012年7月 徳間書店)

警視庁捜査一課大河内班シリーズ[編集]

  • 贄の夜会(2006年5月 文藝春秋 / 2009年5月 文春文庫【上・下】)
  • 無縁旅人(2014年3月 文藝春秋)

ノンシリーズ[編集]

  • 時よ夜の海に瞑れ(1992年7月 祥伝社
    • 【改題】夜の海に瞑れ(1997年10月 角川文庫
  • 石(チップ)の狩人(1993年7月 祥伝社)
    • 【改題・加筆修正】さらば狩人(1999年11月 角川文庫)
  • 春になれば君は(1993年12月 角川文庫)
  • 風熱都市(1994年7月 徳間書店)
    • 【改題・加筆修正】風よ遙かに叫べ(2000年10月 徳間文庫)
  • 梟の拳(1995年10月 講談社 / 1998年7月 講談社文庫 / 2012年3月 徳間文庫)
  • ただ去るが如く(1996年9月 中央公論社 / 1998年10月 中央公論ノベルス / 2001年9月 角川文庫)
  • 雨のなかの犬(1997年4月 講談社 / 2000年8月 講談社文庫)
  • 深夜にいる(1997年9月 中央公論新社 / 2011年5月 ハルキ文庫
  • 天使たちの場所(1998年2月 集英社 / 2001年1月 集英社文庫
    • 収録作品:天使たちの場所 / 季節はずれ / チャンギを発つ / 空が変わるまで / サリーの微笑 / 風はこたえない
  • 幻の女(1998年6月 角川書店 / 2003年12月 角川文庫)
  • 宴の夏 鏡の冬(1998年9月 新潮社
  • 刹那の街角(1999年6月 角川書店 / 2004年9月 角川文庫)
    • 【改題】刹那の街角―捜査一課中本班の事件ファイル(2011年11月 徳間文庫)
      • 収録作品:エールを贈れ / 知らずべからず / 刹那の街角 / 捜査圏外 / 女事件記者 / 十字路 / 証拠
  • デイブレイク(1999年10月 幻冬舎 / 2004年8月 幻冬舎文庫)
  • ヨコハマベイ・ブルース(2000年3月 幻冬舎 / 2007年3月 光文社文庫
  • アウトロー(2000年4月 祥伝社 / 2005年1月 祥伝社文庫
  • 炎の影(2000年10月 角川春樹事務所 / 2003年12月 ハルキノベルス / 2006年5月 ハルキ文庫)
  • タンポポの雪が降ってた(2001年2月 角川書店 / 2005年5月 角川文庫)
  • 夜空のむこう(2004年5月 集英社 / 2008年7月 光文社文庫)
  • あの夏、風の街に消えた(2004年9月 角川書店 / 2007年10月 角川文庫)
  • 冬の砦(2006年7月 祥伝社 / 2009年3月 祥伝社文庫)
  • 夜よ泣かないで(2006年11月 双葉社 / 2010年10月 ハルキ文庫)
  • ガリレオの小部屋(2007年1月 実業之日本社 / 2009年7月 ジョイノベルス / 2013年3月 光文社文庫)
    • 収録作品:無人の市 / 流星 / 指先からめて / 冬の雨にまぎれて / 雪の降る町 / ガリレオの小部屋 / 海鳴りの秋
  • 第四の闇(2007年9月 実業之日本社 / 2010年9月 光文社文庫)
  • ステップ(2008年3月 双葉社 / 2010年6月 双葉文庫
  • ハミングで二番まで(2008年5月 双葉文庫)
  • 記念日(2008年5月 光文社 / 2011年8月 光文社文庫)
  • 血の冠(2008年7月 祥伝社 / 2011年3月 祥伝社文庫)
  • 虚国(2010年3月 小学館)
    • 【改題】蒼ざめた眠り(2012年12月 小学館文庫)
  • 熱愛(2010年9月 PHP研究所
  • 心に雹の降りしきる(2011年9月 双葉社)
  • 幸 SACHI(2013年1月 角川春樹事務所)

アンソロジー[編集]

「」内が香納諒一の作品

  • 誘拐(1995年1月 カドカワノベルズ / 1997年10月 角川文庫)「知らすべからず」
  • 孤狼の絆(1999年6月 角川春樹事務所)「海鳴りの秋」
  • 小説推理新人賞受賞作アンソロジー〈1〉(2000年10月 双葉文庫)「ハミングで二番まで」
  • 名探偵で行こう(2001年9月 光文社カッパ・ノベルス / 2004年6月 光文社文庫)「花を見る日」
  • ミステリー傑作選・特別編〈6〉自選ショート・ミステリー2(2001年10月 講談社文庫)「世界は冬に終わる」

映像化作品[編集]

テレビドラマ[編集]

日本テレビ
  • 火曜サスペンス劇場
    • 十字路(2002年11月5日、主演:内藤剛志、原作:十字路『刹那の街角』所収)
    • 曲り角(2003年6月3日、主演:内藤剛志、原作:エールを贈れ『刹那の街角』所収)
    • 迂回路(2003年11月25日、主演:内藤剛志、原作:捜査圏外『刹那の街角』所収)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]