香港金紫荊奨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

香港金紫荊奨は、「香港映画評論家協会」が主催する映画賞。香港電影金紫荊奨ゴールデン・バウヒニア賞)。香港のアカデミー賞とも称される香港電影金像奨に対抗する形で。毎年3月に授賞式典が開催される。1996年に創設、その信頼性は疑問となり、2008年に懸濁した。

歴代主要各賞[編集]

最優秀作品賞 最優秀監督賞 最優秀主演男優賞 最優秀主演女優賞 最優秀助演男優賞 最優秀助演女優賞
1 1996年 女人、四十。 アン・ホイ
『女人、四十。』
チャウ・シンチー
チャイニーズ・オディッセイ
ジョセフィーン・シャオ
『女人、四十。』
チン・カーロッ
フル・スロットル 烈火戦車
カレン・モク
天使の涙
ロイ・チャオ
『女人、四十。』
2 1997年 ラヴソング ピーター・チャン
『ラヴソング』
ケント・チェン
「三個受傷的警察」
マギー・チャン
『ラヴソング』
エリック・ツァン
『ラヴソング』
スー・チー
夢翔る人/色情男女
3 1998年 メイド・イン・ホンコン フルーツ・チャン
『メイド・イン・ホンコン』
トニー・レオン
ブエノスアイレス
カリーナ・ラウ
女ともだち
フランシス・ン
「一個字頭的誕生」
アニタ・ムイ
「半生縁」
4 1999年 ビースト・コップス 野獣刑警 ゴードン・チャンダンテ・ラム
『ビースト・コップス 野獣刑警』
アンソニー・ウォン
『ビースト・コップス 野獣刑警』
サンドラ・ン
ポートランド・ストリート・ブルース
パトリック・タム
『ビースト・コップス 野獣刑警』
スー・チー
玻璃の城
5 2000年 ザ・ミッション 非情の掟 ジョニー・トー
『ザ・ミッション 非情の掟』
ラウ・チンワン
「再見阿郎」
ロレッタ・リー
「千言萬語」
ロイ・チョン
『ザ・ミッション 非情の掟』
ロー・ラン
オーバー・サマー 爆裂刑事
アンソニー・ウォン
『千言萬語』
6 2001年 グリーン・デスティニー アン・リー
『グリーン・デスティニー』
アンディ・ラウ
ファイターズ・ブルース
チン・ハイルー
ドリアン ドリアン
フランシス・ン
「公元2000」
チャン・ツィイー
『グリーン・デスティニー』
7 2002年 少林サッカー チャウ・シンチー
『少林サッカー』
フー・ジュン
藍宇 〜情熱の嵐〜
シルヴィア・チャン
「地久天長」
ウォン・ヤッフェイ
『少林サッカー』
ジョシー・ホー
「地久天長」
8 2003年 インファナル・アフェア アンドリュー・ラウアラン・マック
『インファナル・アフェア』
トニー・レオン
『インファナル・アフェア』
アンジェリカ・リー
The EYE 【アイ】
アンソニー・ウォン
『インファナル・アフェア』
カリーナ・ラム
「男人四十」
9 2004年 PTU ジョニー・トー
『PTU』
サイモン・ヤム
『PTU』
セシリア・チャン
忘れえぬ想い
ラム・シュー
『PTU』
マギー・シュー
『PTU』
10 2005年 カンフーハッスル イー・トンシン
ワンナイト・イン・モンコック
トニー・レオン
2046
レネ・リウ
イノセントワールド -天下無賊-
ユン・ワー
『カンフーハッスル』
バイ・リン
美しい夜、残酷な朝「dumplings」』
11 2006年 エレクション ピーター・チャン
ウィンター・ソング
サイモン・ヤム
『エレクション』
ジョウ・シュン
『ウィンター・ソング』
アンソニー・ウォン
頭文字D
テレサ・モウ
早熟 青い蕾
12 2007年 エグザイル/絆 ジョニー・トー
『エグザイル/絆』
ラウ・チンワン
「我要成名」
コン・リー
王妃の紋章
呉景滔
「父子」
ジョウ・シュン
女帝 [エンペラー]
「父子」 シャーリーン・チョイ
「戲王之王」
墨攻
2008年 - 2010年 取り消される

外部リンク[編集]