香山美子 (作家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

香山 美子(こうやま よしこ、1928年10月10日 - )は、日本児童文学作家絵本作家詩人日本児童文学者協会評議委員。

東京都生まれ。旧制金城女子専門学校(現:金城学院大学)国文学科卒。

1963年、『あり子の記』でNHK児童文学奨励賞日本児童文学者協会賞を受賞。

数多くの創作・詩・絵本などの著書がある。

主な作品[編集]

童話[編集]

  • 『宇宙バス』(国土社)
  • 『プラスチックの木』(国土社)
  • 『ふしぎなまがりかど』(童心社)
  • 『ふりむけば風のなかに』(新日本出版社)
  • 『4月ぼく4年生になった』(金の星社)
  • 『事件のはじめはネコ三びき』(金の星社) など

絵本[編集]

  • 『どうぞのいす』(ひさかたチャイルド)
  • 『ごろりん ごろん ころろろろ』(ひさかたチャイルド)
  • 『ヒッコリーのきのみ』(ひさかたチャイルド) など

童謡[編集]

作詞[編集]

外部リンク[編集]