首狩り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
生首を持つミシシッピ人

首狩り(くびかり)は人間を殺し、首級をあげる事を中心とした古い宗教的な慣行のひとつ。台湾原住民インドネシアオセアニアインドアフリカ南アメリカなどで広く見られた慣習であるが、今日ではほとんど消滅したと言われる。なお、古代のスコットランドでも行なわれていた。

概要[編集]

自身の所属する集落以外の(時に敵対関係にある)人間を殺害し、切断した犠牲者の首級を持ち帰る。頭骨を除去した後、土鍋などで煮込み、乾燥するという事を繰り返すことで縮小させ、最終的に拳大の大きさまで小さくする場合もあった(南米ヒバロ族)。両目と口唇を糸で縫い合わせたり、全体を煙で燻す処理を施したりする場合もある。頭骨の保存に重点が置かれる場合、頭蓋崇拝と呼ばれることもある。

理念[編集]

諸説ある。一説では、基本的な理念として人間の頭部に霊的な力が宿るという信仰が根底にあり、その力を自分のものにし、操作しようとする呪術的、宗教的な行為として生まれた行為である。他方、豊作や豊漁・豊猟を確保するための首狩、死者に他界で使える者を確保するための殉死的首狩、また戦闘での勲功を証明するために首級を持ち帰る首狩(首取)、勇気を示し一人前の青年として結婚可能である能力を示すための首狩、復讐としての首狩、神意を知るための首狩、など首狩の理念には非常な多様性が見いだされる。

首狩りの風習があった部族[編集]

首狩りを題材にした作品[編集]

映画[編集]

書籍[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『アマゾン万華鏡』- 曽塚啓二(2000年,ISBN 9784835504599)
  2. ^ 『入門東南アジア研究』- 上智大学アジア文化研究所(1999年,ISBN 9784839601256)
  3. ^ 『ヌサンタラ島から島へ』- 正野雄一郎(2006年,ISBN 9784286011219)
  4. ^ 『ヌサンタラ島から島へ』- 正野雄一郎(2006年,ISBN 9784286011219)
  5. ^ 『帝国日本と人類学者』- 坂野徹(2005年,ISBN 9784326101566)
  6. ^ 『観光と文化―旅の民族誌』- エドワード M.ブルーナー(2007年,ISBN 9784762016943)
  7. ^ 『シーサンパンナと貴州の旅』- 鎌沢久也(2004年,ISBN 9784839601744)

参考文献[編集]

  • 山田仁史「東南アジアにおける〈首狩文化複合〉」中村生雄(研究代表者)『東アジアにおける人と自然の対抗/親和の諸関係にかんする宗教民俗学的研究』(科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書 ; 平成16-18年度) 107〜162頁、2007年
  • 山田仁史「台湾原住民における首狩」『アジア民族文化研究』第7号 1〜101頁、2008年