饒宗頤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
饒宗頤
プロフィール
出生: 1917年
出身地: 中国広東省潮州
職業: 学者
各種表記
繁体字 饒宗頤
簡体字 饶宗颐
拼音 Ráo Zōngyí
和名表記: じょう そうい
発音転記: ラオ ゾンイー
テンプレートを表示

饒宗頤(じょう そうい)は、中華人民共和国学者詩人書道家画家。研究分野は、考古学文学言語学儒学、仏教学、敦煌学音楽歴史など人文科学の多岐にわたる。中国研究の泰斗。「中国の国学大師」[1]「東洋のレオナルド・ダ・ヴィンチ」ともいわれる[2]香港在住。香港中文大学の終身主任教授。中華人民共和国国務院の国家古籍整理委員会顧問。

経歴[編集]

父親の饒鍔は海法政学院に学んだ人で、潮州の新聞『粤南報』の編集長だった。

少年時代から学問の道を志し、18歳の時に著した論文『広東潮州旧志考』が専門家の目に止まり、歴史雑誌『禹貢半月刊』に掲載された。父親が早世したため、その研究成果など遺品を整理するために大学への進学を断念した。

19歳の時には中山大学から招請を受け、広東通志館で責任者となった。

1939年8月、中山大学から研究員にと招請を受けるも、香港経由で移動する際に病気になり、治癒した後も香港に留まる。

1940年、24歳で『楚辞地理考』を完成させる。1941年、香港への日本軍進攻のため、掲揚に疎開

新中国の成立が宣言された1949年、『潮州志』を出版するために香港へ。そのまま移住することになった。

中国の無錫国専の教授のほか、香港大学シンガポール大学など数々の大学で研究を重ね、香港中文大学の終身主任教授。同大学名誉教授。米国のエール大学、フランス国立社会科学高等研究院、フランスのソルボンヌ大学、日本の京都大学客員教授などを歴任した。

2000年、文豪の金庸らとともに香港政府から「大紫荊勲章」を受章[3]

フランス学士院碑文・文芸アカデミーから、世界的に優れた東洋学者に贈られるジュリアン賞を受賞。

学術[編集]

80以上の著作、500編以上の学術論文がある。

英語日本語フランス語ドイツ語ヘブライ語ヒンディー語、イラク語の6言語に通じている。

饒宗頤の業績を称えて、潮州市と香港に「饒宗頤学術館」が建てられている[4]


日本との関係[編集]

初めて訪問した外国が日本(1954年)。そのこともあって、日本人の学者、著名人との交流も多い。書家の西川寧青山杉雨、中国文学者の吉川幸次郎らとの交友が知られる。

2007年10月には神戸で「長流不息-饒宗頤展」が開催された(神戸新聞社など後援)。山水画や蓮華図など、墨画や仏画、書など約200点が展示された[5]

著書[編集]

  • 『中國史學上之正統論』(上海遠東出版社
  • 『殷代貞卜人物通考』(香港大学出版社)
  • 甲骨文通检檢』(香港中文大学出版社)
  • 『新加坡古事記』(香港中文大学出版社)

著書(邦訳)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中文wiki
  2. ^ 神戸新聞」(2007年10月3日号)
  3. ^ 大紫荊(だいジーケン)は別名「香港ラン」といわれる花。同章は、香港における最高位の勲章。同章受章者には、実業家の李嘉誠1997年)、香港政務長官を務めた陳方安生1999年)らがいる。
  4. ^ 香港の学術館は香港大学のキャンパス内にある。饒宗頤が個人で収集した蔵書3万冊などが学生のために公開されている。
  5. ^ 「神戸新聞」(2007年9月27日号)