飯野賢治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いいの けんじ
飯野 賢治
飯野賢治(2007年)
生誕 1970年5月5日
日本の旗 日本 東京都荒川区
死没 2013年2月20日(満42歳没)
死因 心不全
出身校 城西大学付属川越高等学校中退
職業 ゲームクリエイター経営者随筆家
著名な実績 Dの食卓』『エネミー・ゼロ
子供 2男
公式サイト
http://blog.neoteny.com/eno/
テンプレートを表示

飯野 賢治(いいの けんじ、1970年5月5日 - 2013年2月20日)は、日本ゲームクリエイター実業家

株式会社ワープ、スーパーワープ、フロムイエロートゥオレンジなどで代表取締役社長を務めた。

生涯[編集]

東京都荒川区出身。「賢治」という名前は『宮沢賢治』からとったと父親が語っていたという[1]英才教育幼稚園に入るが、小学校2年で母親が失踪し、その後父親と2人暮しとなる。小学校3年の頃初めてパソコンを購入し、小学校5、6年の頃に作った『十和田湖殺人事件』がゲームコンテストに入賞した。城西大学付属川越高等学校を中退後、約1年のバイト生活を経て大学入試資格検定を受けるもあえなく失敗する。

1988年にゲーム制作会社有限会社インターリンクに入社する。1989年にゲームの下請け会社EIMを設立。バンプレストHAL研究所等に営業活動を行う。また、この頃並行してゲーム専門学校の講師を務めていた。

1994年に株式会社ワープを設立。翌1995年に代表作の『Dの食卓』(3DO版)をリリースし、「マルチメディアグランプリ'95 通産大臣賞」を受賞。1997年にも画面表示一切無し、音だけでプレイするゲーム『リアルサウンド〜風のリグレット〜』の発売、人気脚本家坂元裕二を迎えて「300万本売れるRPG(仮題)」の製作予定を発表し話題になった。そのため一時期はゲームデザイナーの代表として積極的にマスコミに露出し、ラジオ番組のレギュラーを持つなど、時代の寵児的扱いを受けた。当時のノリは「企業というよりもバンド」と語っており、ゲームソフトの販売本数は多かったが、依然経営は苦しかったと自伝で語っている。

2000年、スーパーワープ設立、代表取締役社長に就任。しかし、その後はこれといったヒット作に恵まれず、スーパーワープも現在は社名をフロムイエロートゥオレンジに変えコンピュータネットワークやIT関連の仕事に従事した。2003年、講談社発行の文芸誌「ファウスト」創刊号にて小説家デビューを果たした。2004年に「朝日新聞」紙上にて行っていた10代向けの人生相談を終了。

2008年8月25日に『moon』のクリエイターでもある有限会社Route24代表の西健一と共同開発したiPhone/iPod touch用アプリ『newtonica』をリリース。発売直後に日本のApp Storeランキング1位となり、世界各国でもチャートインする。続編として、2008年12月に『newtonica2』、2009年1月に『newtonica2 resort』をリリース。さらに2009年3月26日、フロムイエロートゥオレンジ開発のWiiウェアきみとぼくと立体。』を任天堂ブランドタイトルとして発表。飯野は企画・ディレクションを担当した。その後はトークショーイベントなどの活動を行ってきた。

肥満であった飯野は「炭水化物抜きダイエット」を実践し減量に成功し、高血圧の大きな原因である肥満は解消傾向にあったものの、2013年2月20日午後9時42分、高血圧心不全のため東京都内の自宅で死去[2][3]。亡くなる3日前の2月17日までアメリカマサチューセッツ州ボストンに滞在し[2]twitterを更新していたが[4]、帰国後の20日夕方に持病のぜんそくの発作が起き、亡くなった[2]。42歳没。

趣味・嗜好[編集]

愛読書は、デカルト方法序説』、ウィトゲンシュタイン論理哲学論考』、カント純粋理性批判』、ニーチェユング等、哲学に造詣が深い一面もあった。

また、自分で作曲をすることもあり、音楽家のマイケル・ナイマンとも親交を持っていた。晩年はtwitterを頻繁に利用し、twitter上で浅岡雄也HISASHIAOKI takamasa等と組み「NORWAY」というバンドを結成。直接会ったことも無いメンバーもいる中、お互いの音楽ファイルを交換しながら製作した楽曲をYoutubeなどで公開し話題になった[5]

Macintoshを愛用しており、Windowsのデザイン性などを強く批判していた。

各界の著名人にも面識が多く、堀江貴文などとも親交があった。

逸話[編集]

  • エネミー・ゼロ』は当初プレイステーション(PS)で発売されることになっており、ソニー・コンピュータエンタテインメント主催のイベント「プレイステーションエキスポ」にて製作発表会が行われた。デモ映像を流した後、飯野が挨拶をするという流れだったが、デモ映像終了後に飯野は壇上で突然マッキントッシュのキーを叩いた次の瞬間、スクリーンに映し出されていたプレイステーションのロゴがセガサターンのロゴにモーフィング変形し、それに続き、当時のセガの社長である入交昭一郎による「セガサターンへようこそ」というメッセージビデオが流れた[6]。事実上のプレイステーション版の開発無期限停止とセガサターン版の開発開始の発表であり、その手法があまりに異様であったため、エネミー・ゼロ事件とも呼ばれている。同事件は『Dの食卓』がマルチプラットフォーム化された際に、先に発売されたセガサターン版が見込み発注により在庫がダブつき、結果的に大量に中古市場に流れた事態を受けて、PS版の発売の際に余剰在庫分は自社で回収するという条件を提示して初回出荷15万本を要望したにも関わらず、SCEは初回4万本と初回生産本数を必要以上に減らしたことに端を発している。しかも、PS版は完売してしまったため飯野はこの時にビジネスチャンスを潰されたと考えたが、プレイステーション側の担当者はそうは考えず、確執が生まれた。『エネミー・ゼロ』製作時、『Dの食卓』の利益をすべてつぎ込むような体制になっていて、飯野は前回のように事態になることを恐れたという。なお、この事件以降ワープはプレイステーションで作品を発表していない。
  • エネミー・ゼロテスト版をプレイした友人の遠藤雅伸から、(せっかく新規性のあるゲームなのに)「難易度が高くてやる気がしない」「マップが広すぎる」等の指摘があったが、頑なに修正は行わなかった。「遊ぶ客のことを考えるべき」との岡本吉起の意見も聞かなかったという[7]
  • 風のリグレット』を酷評した「ファミ通」のクロスレビューを批判し「このゲームを評価するなら10点満点か評価不能のどちらかにしろ」と発言、ファミ通編集部と対立した。発言のニュアンスとしては、「ゲームの評価は極端にハマる人もいれば極端に合わない人もいる。このジャンルが極端に合う価値観の人だっているはずであり、そういう人にこのレビュー方式では面白さを伝えられない。」という意味である。この騒動は、のちに同誌で連載していた鈴木みそのコミック『おとなのしくみ』内で、当時の週刊ファミ通編集長であった浜村弘一と話し合う場が設けられた。かつてはファミ通編集者と「減量」やトレードマークだった「ロン毛を切る」等を賭けてサッカーゲーム対決をし、「飯野の指を醤油につけて編集者が食べてみる」という無茶な企画にも割りとノリ気で参加していた。しかし前述のクロスレビューの件からこういう企画は無くなっていった。
  • ゲーム専門誌の『エネミーゼロ』特集記事で、任天堂の宮本茂を評して「宮本さんは所詮2Dまでの人。3Dはもうダメかな。」と発言。また、雑誌での宮本との対談にて、プレイヤーとして飯野には満足できなかった『スーパーマリオ64』の評価を本人に直接行った。険悪な感じではなく、かねてから敬意を表し、一ファンとして期待していた宮本の新作への違和感を述べたものである。それに対して宮本は「どんどん言ってください。参考になります。」と答えていた。後者は『飯野賢治の本』に詳細が記されており、飯野は『マリオ64』開発途上版の自由さを絶賛しており、製品版はスター集めゲームになってしまい残念と語った。宮本は「そういうのは飯野君や飯田君が頑張ったら?」として、9,800円を払ってもらう責任を考えれば、製品版の方が遊べる物になっていると答えた[8]。後に宮本が開発した『ゼルダの伝説 時のオカリナ』で宮本の3Dゲームデザイン能力を絶賛し、『スーパーマリオギャラクシー』が発売した際には「『マリオ』がいる限り『ゲーム』という文化は無くならない」と賞賛していた。
  • 街 〜運命の交差点〜』というゲームには飯野をパロディした「画面も音声も無いゲームを開発しているゲームクリエイター」という「飯田賢二郎」という登場人物がいる。
  • 1998年、『伊集院光深夜の馬鹿力』にゲスト出演した際、「気違い」という言葉を使ってしまい、謝罪した。
  • ワープ設立後「キャラ(版権モノ)、続編、移植(アーケード移植)」をゲーム三大悪と語り、一時は8割がどれかだったとして、新作の重要さを訴えていた。飯野自身、下請けとしてのウルトラマンのゲーム化が、ゲームデザイナーとしての初仕事である。ワープ時代は基本的に新作を製作していたが、『Dの食卓』の続編『Dの食卓2』(『D2』)を作った。飯野は「『D2』であることも狙い」だとしており、前作との関連性はほとんど存在しない。また、セガサターンの『エネミー・ゼロ』が、ほぼ別物ながらセガによりパソコンに移植されるなどした。
  • 音楽も彼を語る際には外せないキーワードである。小学生の時にYMO登場に衝撃を受け、電子音楽を始めたくてパソコンを買ったのがプログラマーとしての始まりだった。10代の時にはバンドのキーボード奏者としてライブをし、ゲーム会社に就職して最初にした仕事もゲーム音楽の製作である。その後も音楽雑誌「BUZZ」に連載を持ち、『D2』発売時は海外の有名ミュージシャンを招聘したクラブイベントを開催した。また、時々DJとしてイベント等に出演したことがあった。元LUNA SEASUGIZOと共にライブを行ったこともある。好きなミュージシャンとして真っ先に挙げるのはYMOとビートルズ。また、ポップスだけでなく、テクノ、クラシック、ジャズなど様々なジャンルに精通していた。
  • かつてラジオ番組を行っていた時には小島秀夫等のゲームクリエイターだけでなく、戸川純平沢進らのミュージシャンまでもをゲストとして招いていた。
  • ゲーム批評』で、スクウェアの「引き抜き」行為に対して、引き抜いた人数が多い事、開発ゲーム途中の社員を引き抜いた事を痛烈に批判していた。
  • テレビ番組の企画でIQテストに参加し、様々な項目で満点もしくは高得点を獲得しており、知能指数の高さを見せ付けた。
  • ダウンタウン・セブン』の1コーナー「怒れ! 熱き日本人」に出場した。これは自分の考えた企画・計画をプレゼンテーションし、その企画に100人いる一般観覧者のうち51人以上が納得すれば賞金100万円を獲得するというコーナーである。飯野は自身の趣味である海外旅行を生かし、『笑顔で出国「スカイランド」計画』を提案。話術巧みにプレゼンテーションを行い、一般観覧者たちの賛同を得て、見事に100万円を獲得した。なお、その放送は2003年に行われ、当時最後の作品『D2』の発売から3年以上経っていたが、職業は「ゲームクリエイター」と紹介されていた。
  • 坂本龍一が主催している「おやすみなさい柏崎刈羽原発」の賛同者となっていた。
  • 高城剛と間違われる事がよくあったため、「マルチメディアグランプリ'95 通産大臣賞」の受賞式では”高城剛と間違われないようにしたいです”とコメントしていた。

関連作品(ゲーム)[編集]

英語版Wikipediaのページも参照のこと。

  • ウルトラマン倶楽部2 帰ってきたウルトラマン倶楽部(FC) 1990.4.7
  • SDヒーロー総決戦 倒せ!悪の軍団(FC)サウンド(平沢道也と共同) 1990.7.7
  • 獣王記(FC)サウンド(平沢道也と共同) 1990.7.20
  • たいむゾーン(FC) 1991.10.25
  • わんぱくコックンのグルメワールド(FC) 1992.4.24
  • アドベンチャークイズ カプコンワールド2(AC)一部問題作成 1992
  • みやすのんきのクイズ18禁(AC) 1992
  • Casino Kid 2(NES)サウンド 1992
  • 宇宙生物フロポン君(3DO) 1994.8.6
  • 突撃機関メガダす!!(3DO) 1994.12.16
  • Dの食卓(3DO) 1995.4.1
  • 宇宙生物フロポン君P!(PS) 1995.3.31
  • おやじハンターマージャン(3DO) 1995.7.14
  • Dの食卓(SS) 1995.7.28
  • フロポンワールド(仮称)(3DO) 1995.9.14
  • Dの食卓 コンプリートグラフィックス(PS) 1995.12.1
  • Dの食卓 ディレクターズカット(3DO) 1996.1.1
  • ショートワープ(3DO) 1996.1.15
  • エネミー・ゼロ(SS) 1996.12.13
  • リアルサウンド 〜風のリグレット〜(SS) 1997.7.18
  • エネミー・ゼロ(PC) 1998.11.28
  • リアルサウンド 〜風のリグレット〜(DC) 1999.3.11
  • Dの食卓2(DC) 1999.12.23
  • セガラリー2(DC) 音楽を担当
  • newtonica(iPhone/iPod touch) 2008.8.25
  • newtonica2(iPhone/iPod touch) 2008.12.2
  • newtonica2 resort(iPhone/iPod touch) 2009.1.3
  • one-dot enemies(iPhone/iPod touch) 2009.3.5
  • きみとぼくと立体。(wiiウェア) 2009.3.26
  • 恐竜伝説(FC) 未発売
  • Superman(NES) 未発売
  • Sunman(NES) 未発売

関連作品(書籍)[編集]

出演[編集]

その他の活動[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鈴木光司とのテレビ対談より。
  2. ^ a b c 「Dの食卓」飯野賢治さん急死 42歳 - 日刊スポーツ 2013年2月22日
  3. ^ 「Dの食卓」飯野賢治さんを襲った“高血圧性心不全”の恐怖2013.02.22、zakzak
  4. ^ 飯野賢治さん死去 改めていくつかの文章を読む - ITmedia 2013年2月22日
  5. ^ CNET Japan (2011年5月11日). “Twitter発、有名アーティストによるユニット「NORWAY」”. 2013年2月22日閲覧。
  6. ^ 滝田誠一郎『ゲーム大国ニッポン神々の興亡』(青春出版社、2000年)p.234
  7. ^ 追悼・飯野賢治
  8. ^ 『飯野賢治の本』

外部リンク[編集]