飯嶋和一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

飯嶋 和一(いいじま かずいち、1952年12月20日 - )は、日本の小説家。ジャンルは主に歴史小説

来歴・人物[編集]

山形県生まれ。法政大学文学部卒業。中学校教諭、予備校講師などを経て執筆活動に専念。これまで刊行された長編作品は文芸誌の連載ではなく、全て書き下ろしの小説である。2009年8月から刊行されている小学館の「STORYBOX」に、初めての連載となる『狗賓童子の島』を執筆している。2012年5月に連載終了後、翌月号より新連載『灯守り』が始まる。さらに、新潮社発行の月刊小説誌「小説新潮」の2009年10月号より『星夜航行』が連載中である。

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 『汝ふたたび故郷へ帰れず』(1989.01)河出書房新社 のち小学館文庫
  • 『雷電本紀』(1994.06)河出書房新社 のち文庫、小学館文庫
  • 『神無き月十番目の夜』(1997.06)河出書房新社 のち文庫、小学館文庫
  • 『始祖鳥記』(2000.01)小学館 のち文庫
  • 『黄金旅風』(2004.03)小学館 のち文庫
  • 『出星前夜』(2008.08)小学館 のち文庫