飯島藤十郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

飯島 藤十郎(いいじま とうじゅうろう、1910年11月7日 - 1989年12月4日)は山崎製パン創業者である。

来歴・人物[編集]

東京府北多摩郡三鷹村に生まれる。16歳で父親を亡くし旧制中学を中退して新宿中村屋へ勤める。1931年中村屋を辞して、現在の東京学芸大学にあたる東京府豊島師範学校二部に入学する。

卒業後、東京市内の小学校教員を経て中等教員検定試験に合格し、東京府立航空工業学校体操教師になる。1941年陸軍から召集されて高射砲兵になる。

復員後軍隊時代に過ごした千葉県市川市中国分の練兵場跡へ入植し、東台農事実行組合を設立する。1947年キティ台風時に、被災製紙工場の濡れ藁と小麦30俵以上を交換入手し、製パン業を興すきっかけとする。

1948年京成国府台駅近くで山崎製パンを創業し、パンの委託加工を始める。当時パンを入手するには地方食糧営団指定の配給パン工場へ行き配給切符で購入するか、家庭に配給された小麦粉を委託加工所へ持参して加工賃を払い、数日後にパンを受け取る方法があり、飯島は後者の事業から身を興している。

東台農事実行組合でもパン製造を営んでいたために飯島名義では許可が得られず、義弟の山崎姓で許可を得て商号を「山崎」とする。

1952年市川駅前に市川売店を開設し、両国杉並に工場を設け、1960年首都圏へ本格進出し、1966年に関西へ進出して全国展開する。たびたび海外視察を行い、日本の製パン業界が遅れていることを実感して業界の近代化に努めている。

ワンマン経営者で、社内の反対にもかかわらず千葉市の川口パンを個人で買収して取締役を兼任し、退任後に監査役から商法競業避止義務違反で訴えられ敗訴している。

出身校の後身である東京学芸大学創立20周年に会館建設費を寄付し、同学に20周年記念飯島会館がある。1989年12月4日、79歳で死去している。

一族[編集]

  • 妻:飯島和(山崎製パン名誉顧問)
  • 妹 山崎裕代(元山崎製パン取締役)
  • 長男:飯島延浩(山崎製パン現社長)
  • 次男:飯島茂彰(ヤマザキナビスコ社長)
  • 三女:吉田輝久(山崎製パン専務取締役)の妻

外部リンク[編集]

先代:
創業
山崎製パン代表取締役社長
初代: 1948 - 1977
次代:
飯島一郎