飯尾連竜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
飯尾連竜
時代 戦国時代
生誕 不詳
死没 永禄8年12月20日1566年1月11日
別名 善四郎、豊前
主君 今川義元氏真
氏族 漢族系三善朝臣飯尾氏
父母 父:飯尾乗連
兄弟 女(松井宗親室)、連竜
お田鶴の方(椿姫)
義広?

飯尾 連竜(いいお つらたつ)は、戦国時代武将今川氏の家臣。遠江国曳馬城主。

駿河飯尾氏の出自は三善氏といわれる。元々室町幕府奉公衆であり、今川義忠の代に駿河国に下向、以来代々今川氏家臣として仕えた。

永禄3年(1560年桶狭間の戦いにおいて、今川方は遠江国人領主など数多の戦死者を出し支配力を低下させたため、遠江国は混乱状態になった。その際、連竜は妻のお田鶴の方の機略により井伊直平を毒殺するなど、混乱を加速させたといわれる(遠州忩劇(そうげき))。永禄7年(1564年)、三河国を制した松平家康(のち徳川家康)に内通するも、これを察知した今川氏真の攻撃を受けることになる。曳馬城の防御力を頼みとしつつ、連竜は一時は三浦正俊新野親矩中野直由らを討ってこれを撃退したものの、結局は持ちこたえられずに今川方からの和睦勧告を受諾する。しかし、駿河国の駿府に赴いた際に氏真に暗殺された。

なお、駿河国での伝承によれば、お田鶴の方は連竜ともども駿府で成敗された。連竜夫妻亡き後、遺臣の協議で曳馬城が運営されていたが、武田氏に属するか徳川氏に属するかで分裂した。まもなく遠江国に侵攻した徳川軍の包囲を受け、曳馬城は接収された。一方、遠江国での伝承では、連竜亡き後はお田鶴の方が曳馬城を率いたが、その後、徳川軍の侵攻を受け、篭城戦の末にお田鶴の方は討死。曳馬城は落城したことになっている。

関連項目[編集]