飛騨神岡駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「神岡駅」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
飛騨神岡駅
駅舎(2006年9月)
駅舎(2006年9月)
ひだかみおか - Hida-Kamioka
神岡鉱山前 (1.2km)
(1.0km) 神岡大橋
所在地 岐阜県飛騨市神岡町船津1409
所属事業者 神岡鉄道
所属路線 神岡線
キロ程 18.1km(猪谷起点)
電報略号 フナ(飛騨船津駅時代)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1966年(昭和41年)10月6日
廃止年月日 2006年平成18年)12月1日
冬の飛騨神岡駅(2005年12月撮影)

飛騨神岡駅(ひだかみおかえき)は、岐阜県飛騨市神岡町船津にあった神岡鉄道神岡線

神岡鉄道神岡線の廃線により、2006年(平成18年)に廃駅となった。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する高架駅であった。線路は急傾斜を避けるべく山肌に敷かれているため、谷あいに開けた神岡中心街の上を鉄橋で越えており、鉄橋の両端に迫る山をトンネルで抜けていた。ホームはその鉄橋の上に設けられ、ホーム上にはその他恵比寿の木像を祀る祠が建てられていた。ホームの下には神通川水系高原川の支流山田川が流れており、二つのトンネルを橋で直接結び山田川を渡る形になっていた。

ホームの猪谷方の端から階段を降りたところに駅舎が置かれていた。コンクリート造り一階建てで、内部には待合所やトイレのほか、駅事務室部分を改装した美容室があり営業を行っていた。当駅は完全な無人駅であり、美容室では乗車券の販売などは一切行われていなかった。駅舎はホームよりは低いものの街より高い位置にあり、駅舎を出るとさらに階段を下りて外に出る。

駅周辺[編集]

旧神岡町中心街および旧町役場の最寄り駅で、徒歩約300mで中心市街に出る。そこから高原川を渡ると旧神岡町役場に出る。当駅周辺には人家が多くあり商店などもよく見られる。

当駅の階段を下るとすぐに幸土泉水という湧き水があり、昔から清水が湧いていたと伝えられている。山肌に沿って造られた国道41号バイパス工事によって水源の断たれることが危惧されたが、枯れることを免れ今も清水を湛えている。

当駅下に濃飛バスの停留所があり、飛騨古川駅高山駅方面と神岡町を結ぶ路線バスが運行されている。

駅の北にあるトンネルの上を国道41号が山田川に沿って走り、対岸の神岡中心部の端を国道471号が走っている。

  • 飛騨市立神岡小学校
  • 飛騨市役所神岡振興事務所(旧神岡町役場)
  • 飛騨市立神岡中学校
  • 神岡城、高原郷土館、神岡鉱山資料館

歴史[編集]

隣の駅[編集]

神岡鉄道
神岡線
神岡鉱山前駅 - 飛騨神岡駅 - 神岡大橋駅

関連項目[編集]