チャオ御岳スノーリゾート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
飛騨森林都市企画から転送)
移動: 案内検索
チャオ御岳スノーリゾート
所在地 〒509-3403
岐阜県高山市高根町日和田1739-1
座標 北緯35度56分49.24秒
東経137度29分7.49秒
座標: 北緯35度56分49.24秒 東経137度29分7.49秒
標高 2,190 m / 1,810 m
(標高差) (380m)
コース数 5本
最長滑走距離 2,250m
最大傾斜 34
索道数 3 本
公式サイト チャオ御岳スノーリゾート
飛騨森林都市企画株式会社
HIDA FOREST CITY PLANNING CO., LTD.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
509-3403
岐阜県高山市高根町日和田1739-1
設立 1991年12月24日[1]
業種 サービス業
事業内容 スキー場の運営
代表者 代表取締役社長 笠井隆夫[2]
資本金 2億62百万円[1]
主要株主 株式会社マックアース 50%[1]
外部リンク http://www.ciao.co.jp/
テンプレートを表示

チャオ御岳スノーリゾート(チャオおんたけスノーリゾート)は、岐阜県高山市(旧高根村)の御嶽山北側に位置するスキー場1998年にオープンした。 日本でも屈指の標高にあるため、例年ゴールデンウィークまで営業している。 ゲレンデ中央の8人乗りゴンドラリフトですべてのコースに行けるようになっており、初心者コースやモーグルコースをサポートする形でペアリフトが配置されている。

各種料金はスキー(スノーボード)レンタルやスクールレッスンをセットにしたパックを用意したり、小学生以下のリフト代を無料にしたりするなど初心者やファミリーを意識した料金体系になっている。

夏期にはトレッキングや高地トレーニング施設として利用される。また周辺の休耕田を借り受けて地元では非常に有名で糖度の高い「タカネコーン」というトウモロコシを21年夏から栽培し販売している。

スキー場運営大手のマックアースおよび高山市などでつくる第三セクター飛騨森林都市企画株式会社(ひだしんりんとしきかく)が運営。かつてはJR東海の持分法非適用関連会社であったが、2013年9月27日にホテルやスキー場を運営する株式会社マックアースに保有株式を売却し、スキー場運営から撤退した[3][4]

アクセス[編集]

  • マイカーの場合
中央自動車道中津川ICから約120分
長野自動車道塩尻ICから約110分
スキー場の北側を岐阜県道435号御岳山朝日線が通る。
  • 電車・バスの場合
JR東海中央本線木曽福島駅-おんたけ交通:チャオスノーリゾート線

関連画像[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c JR東海グループ会社一覧 (PDF)”. 東海旅客鉄道株式会社. 2013年9月8日閲覧。
  2. ^ チャオ御岳スノーリゾート安全報告書 (PDF)”. 飛騨森林都市企画株式会社. 2013年9月8日閲覧。
  3. ^ チャオ御岳から撤退 JR東海、運営会社株売却へ”. 岐阜新聞 (2013年9月7日). 2013年9月8日閲覧。
  4. ^ チャオ御岳株50%取得 マックアース、今季から運営”. 岐阜新聞 (2013-09-028). 2013年10月28日閲覧。
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]