風間やんわり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
風間やんわり
生誕 1977年6月13日
東京都板橋区
死没 2013年10月22日(満36歳没)
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1995年 - 2013年
ジャンル ギャグ漫画
代表作 食べれません
公式サイト 風間やんわり.com
テンプレートを表示

風間やんわり(かざま やんわり、1977年6月13日 - 2013年10月22日[1])は、日本漫画家東京都板橋区赤塚出身。漫画家・すぎむらしんいちは義兄(実姉がすぎむらの妻)。

人物[編集]

高校在学中にプロデビュー。高校時代は平気で友達と一緒に学校をサボり、単位がギリギリだったり18歳未満でパチンコをするなど結構不良な学生時代を歩んでいた[2]。『週刊ヤングマガジン』や『FRIDAY』などで4コマギャグ漫画を連載。他にもフジテレビ系ニュース番組『NEWSJAPAN』で政治風刺4コマを描いていた。ラフで独特な個性のある絵柄や不条理な展開で、特有の世界観を作り出している。
4コマ漫画以外にも連載をしていた作品もあるが長続きせず、作中で本人を模したキャラクターが打ち切りやネタ切れを理由に連載を終了する旨を発言して本当に連載終了となったことがある。

男性であるが、作中で描かれる小太りな作者像(ベレー帽を被り、上はランニングシャツ、下はジャージのズボン)とは異なり、かなり中性的な顔立ちをしており、単行本企画でフランスに行った際に現地人に女性と間違えられたなどのエピソードがある。

2013年10月22日肝機能障害のため急逝したことが明らかにされた[1]。36歳没。葬儀・告別式は既に近親者によって済まされているという。

2013年11月11日発売の週刊ヤングマガジン第50号掲載分の「食べれません」が絶筆となる。

『風間亭やんわり~』等で生前は落語に傾倒していて、一時は落語家として入門することも考えていたが下積みが務まらないと思い挫折したと言っている、交流のあった立川志らくは葬儀で「彼は立川談志の落語が好きな人でした。ですので今頃天国で好きな談志の落語を聞いているんじゃないでしょうか。」と述べている。また仲がいい漫画家に村田ひろゆきがおり麻雀ギャンブル等の遊び仲間であり、結婚と離婚の経験がある。

作品リスト[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]