風俗店の歴史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

この項目では、日本における風俗店の歴史を解説する。

RAA[編集]

終戦後、政府は「進駐軍が良家の婦女を強姦するのではないか」と危惧し、急遽、遊廓私娼芸妓屋などの業者を集め、RAAという組織を作らせた。

パンパン[編集]

戦後の売春婦、街娼、私娼。進駐軍を主な客とした。詳しくはパンパンを参照。

赤線[編集]

GHQの指令による公娼制度廃止以後、戦前の遊廓・私娼などが看板を変えて営業していたもの。1958年売春防止法施行に伴い、“日本古来の社会風俗”であった売春が姿を消した。

トルコ風呂[編集]

個室付きのサウナ風呂。個室であることから、間もなく性的なサービスが行われるようになった。当初は手で男性器に刺激を加える「スペシャルサービス」(おスペ)が主流であった。次第に「本番サービス」(性交)を行う店が多くなり、取締り当局も次第に黙認するようになった。単なる性交を行うだけでなく、「アワ踊り」「マット」などの性技が次々に開発されていった。1984年、トルコ人留学生の抗議によりソープランドに改称された。

なお、本場のトルコ風呂についてはハンマーム参照。

ピンクサロン[編集]

ピンクサロンは法的には飲食店であり酒類を提供する。詳しくは当該項目を参照。

ノーパン喫茶[編集]

1978年京都西賀茂で誕生[1]。従業員が下着を履かない喫茶店。上半身は乳房を露わにし、下半身は見えそうで見えないがやはり見えるミニスカートと言うのが典型的なコスチュームで、最盛期には東京で200店舗近く、大阪でも100 - 140店舗以上が見られたと言う[2]。また、広岡はこの産業に個室と抜き、即ち射精に至る性的行為が加わり、ファッションヘルスが産まれたとする。

1981年東京を中心とする関東で大ブームとなり、地方都市も含む全国的ブームに発展(ノーパン喫茶ブーム)。

ノーパン喫茶嬢出身のイヴは、日活ロマンポルノにも出演し人気があった[3]

ノーパンしゃぶしゃぶ[編集]

愛人バンク[編集]

愛人を持ちたい男性と、愛人になってお金を得たい女性を取り持つクラブや業者。

1981年、当時23歳であった美貌の女性社長が創業したとのふれこみで、「愛人バンク 夕ぐれ族」が社会現象となった。

社長自ら「笑っていいとも」(フジテレビ)や「トゥナイト」(テレビ朝日)等のマスコミに、大きく電話番号を記したTシャツで登場し、ブームに拍車をかけた。この女性社長は自らを「両親は外交官、自分は上智大卒」と称していた。

社名の「夕暮れ族」とは“中高年サラリーマン”のことで、中高年サラリーマンがデート(実際には売春)をするデートクラブである。

所属する女性たちは女子大生が中心と宣伝していたが、実際は女子大生もいたという程度であった。

1982年には、有閑マダムと愛人男性という男女逆のケースも企画し、「笑っていいとも」の美少年コンテストに、実際には所属していないタレント志望の美少年を「夕暮れ族」所属として社長推薦で出場、優勝させた。この番組を見て、小遣い目当ての若い男性 200人以上が登録したが、女性夕暮れ族となる有閑マダムの登録はゼロだった。

1983年、警視庁が売春斡旋容疑で14軒を摘発し、595件、68人を検挙、夕暮れ族は壊滅した[4]。逮捕された女性社長はただの雇われ社長で、実質の経営者はキャッチセールス等、詐欺まがいの商売を複数行っていた。また、広告塔でもあった女性社長の実家はクリーニング屋で、学歴は夜間高校卒であった。

のちの時代に「愛人バンク」を名乗るデートクラブが誕生するが、「愛人バンク」と言えば80年代の「夕暮れ族」を意味するほどの一大ブームであった。

マントル[編集]

マンショントルコ風呂の略。

普通のマンションで風俗営業を行う。非合法の売春行為であり、暴力団の資金源となった。

賃貸マンションの室内を区分けして個室空間をつくり、そこで売春を行う。売春を行う女性従業員を「マントル嬢」という。

客の頻繁出入り・マントル嬢の悶え声等でマンション隣人からの苦情が多く、警察に摘発されるケースが相次いだ。そのため業者およびマントル嬢にとってより安全なホテトルへ移行していった。

ホテトル[編集]

ホテルトルコの略。ホテルで、女の子を呼び出しができる風俗の出張サービス。非合法の売春行為であり、暴力団の資金源となった。

ファッションマッサージ[編集]

女性従業員が男性客にマッサージを行う店。今の「ファッションヘルス」のことで、疲労回復のための本格的な按摩は行わない。

SMクラブ[編集]

主にマゾ客をサディスト役の女性従業員(女王様(S嬢))がいたぶるMプレイと、サド客がマゾヒスト役の女性従業員(M嬢)をいたぶるSプレイに分かれる。店・女性従業員・客のそれぞれの傾向によって様々なプレイが展開する。主なプレイ内容には、軽い縛り・低温蝋燭などのソフトなプレイから、鞭・ビンタ・蹴り・吊るしなどのハードもの、その他パンティーストッキングを履かせたりするフェチストや、排泄関連のマニアックなもの(スカトロ)も存在し、客は通常の性風俗に比べて特殊な性向を満たすことが出来る。

参考文献[編集]

  • 広岡敬一 『戦後性風俗大系 わが女神たち』朝日出版社 2000年4月 文庫版:新潮社 2007年3月

出典[編集]

  1. ^ 中村彰、1984、『インタビューとデータでつづる 風俗あらかると - 「ほん」情報からノーパン喫茶まで』、幻想社 ISBN 4-87468-033-Xによる。ただし広岡敬一『戦後性風俗大系 わが女神たち』によれば、発祥は1981年頃の京都
  2. ^ 『風俗あらかると』 p.22
  3. ^ 週刊アサヒ芸能 2012年6月28日特大号 日本と世界の「熟女シネマ」
  4. ^ 『戦後性風俗大系 わが女神たち』p.321

関連項目[編集]