風が吹くとき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

風が吹くとき』(かぜがふくとき、When the Wind Blows)は、イギリスの作家、レイモンド・ブリッグズ1982年に発表した漫画アニメーション映画化もされた。

概要[編集]

核戦争に際した初老の夫婦を主人公にした作品であり、彼らの若い時に遡った作品には『ジェントルマン・ジム』がある。題名は『マザーグース』の同名の詩から[1]

1986年にアニメーション映画化され、日本では1987年に公開された。日本語版は監修を大島渚、主人公の声を森繁久彌加藤治子が吹き替えている。音楽をピンク・フロイドロジャー・ウォーターズ、主題歌をデヴィッド・ボウイが担当している。

日本での劇場公開に際しては、配給はミニシアター系のヘラルド・エースが行った。興行は首都圏ではセゾン系映画館及び国内の作品提供に朝日新聞社が加わっていたことから、有楽町朝日ホールでも行われた。また、全国では各地のミニシアターで展開されていた。その後、作品の特性から非商業上映が全国の教育会館ホールなどの公共施設で多数行われた。

2008年7月26日、アット エンタテインメントによってデジタルリマスター版DVDが発売された。

あらすじ[編集]

主人公は、イギリスの片田舎で静かな年金生活をおくっている老夫婦のジムとヒルダ。

しかし、世界情勢は日に日に悪化の一途をたどっていた。ある日、戦争が勃発したことを知ったジムとヒルダは、政府が発行したパンフレットに従い、保存食を用意したりシェルターを作るなどの準備を始める。

そして突然、ラジオから3分後に核ミサイルが飛来すると告げられる。命からがらシェルターに逃げ込んだジムとヒルダは爆発の脅威からは免れたが、放射線の脅威からは逃れられなかった。救援が来ることを信じて止まないジムとヒルダは、互いを励ましながらも放射線に蝕まれ、次第に衰弱していく。

映画版スタッフ[編集]

オリジナル版
  • 原作・脚本:レイモンド・ブリッグズ
  • 監督:ジミー・T・ムラカミ
  • 音楽:ロジャー・ウォーターズ
  • 主題歌:デヴィッド・ボウイ
日本語版

1987年公開時の主な上映館[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]